爺鯖所属  キャラ名:Galf  その日、その時感じた思いを書き記していきます。


by galforce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

夢や希望ははかないもの?

今朝、関東地方は久々にまとまった雨が降っています。
そんな中、車で息子を保育園に送り、一旦家に戻ってから自分も出社しました。

駅へ向かうバスの中でふと外の景色に目をやると、戸袋の中でガラスにへばりついている
クサカゲロウを見つけました。
皆さんはこのクサカゲロウってどんな昆虫だかご存知ですか?
クサカゲロウは体長3~4cmの美しい羽虫で、昔の人はこのクサカゲロウの卵を見て優曇華(ウドンゲ)の花だと思いこんだくらい小さく可憐な卵を産むことで有名です。
アブラムシを食べてくれるので人間にとっては益虫かもしれませんね^^

ここで、ちょこっとだけ豆知識!?

①成虫の寿命が短く、はかないことの例えにもなる「カゲロウ」(英名:May-Fly ) と、「クサカゲロウ」および「ウスバカゲロウ」は、これっぽっちも関係ないってご存知ですか?
実は、昆虫分類学的な意味なら、トンボとカブトムシくらい離れた昆虫だそうです。
何となく羽の繊細な感じが似ていたとか、イメージから同じ「カゲロウ」という名前がつけられたんでしょうかね。

②クサカゲロウのクサは、綺麗な黄緑色の体から「草(色)」ということで、名付けられたんだろう・・と思っていたら、どうやら「臭い」の意味らしいです。
確かに捕まえてニオイをかいでみると変なニオイがします。
どんなニオイかですって?
んー、是非ご自身でかいでみてくださいw


ま、それはともかくとして…
せっかく生を受けてこの世に降り立ち、長い幼少時代を経て羽化したにも拘らず、バスの戸袋で生涯を終えるかもしれないこの虫を見ていて考えてしまいました。

―――こんなはずじゃなかったんだろうな…
本当はどこかでパートナーを見つけて未来のために子孫を残す。
そのために生まれてきたんじゃないのかなって。

そしてふと、自分は何のために生まれてきたのかなって思い悩んでしまいました。

今、自分には1つの目標があります。
妻と息子と、そしてもうすぐ生まれてくる新たな命のためにマイホームを持つこと。
以前、その苦労?について述べたことはありましたが、なかなかの難題です。
でも、そのために生まれてきたんじゃないはずですよね?
もっと…こう…何か… んー、うまく言えません。

あ、子孫は残せそうですよ。
少子高齢化の歯止めをかけるまでは行かないまでも、2人はなんとかいけそうです。

だけど、今朝何ていうか失望と憤りを感じました。

政府の税調の報告をテレビで見たんですが…
『少子高齢化対策のためにサラリーマンにより重い課税を!』
…ナンデスカソレハ。
扶養手当をなくし、消費税率をupさせることが少子高齢化対策ですか?
日本の未来を考えるならば、子供が生まれた家庭、子供の多い家庭を何らかの形で優遇・支援するような施策を考えねば皆子供を産みたがらないじゃないですか。
年収500万円の家庭で専業主婦の妻に子供が2人の場合、年間20万円ほどの増税。
加えて消費税upによる家計の圧迫…
会社自体も最近は業績が振るわず、人件費の削減に躍起になってきています。

はぁ…こんなんで家は建つんでしょうか。
いや、それ以前に日本はどうなってしまうのでしょう。

計画性のない、場当たり的な政策を繰り返す今の政府の(+会社の)やり方に非常に大きな疑問を感じると共に、憤りを感じます。

こんなことなら想いを行動に表し、民意を少しでも反映させるべくあの時政界に打って出ていればよかったかな…なんて(^^;
[PR]
by galforce | 2005-06-22 10:13 | リアル諸々