爺鯖所属  キャラ名:Galf  その日、その時感じた思いを書き記していきます。


by galforce
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

人の気持ちのターニングポイント

昨日、職場の先輩が離婚の危機に瀕していることを知りました。
昼食を共に取りながらその先輩は自分に言うんです。

「男はな、家を建てて一国一城の主となった時、諸々の責任感が増してこれまで見えなかったものがいろいろと見えてくるんだ。そして、これではいけないって気持ちになるんだよ。」
「その考え方の変化で妻と衝突するようになり、お互い相容れないために別れることにしたんだ。」

自分は結婚して4年目を迎え、先だって家も購入しました。
確かにこれからは家族を守るべくより一層頑張らねばという気持ちにはなりましたが、急に考え方に変化が生じて離婚まで考えるようになるとはとても思えません。
先輩は遠い未来までがはっきり見えるように感じたそうですが、自分にはいまだに未来がどうなるのか明確には見えないですし、その曖昧さが自分に夢を与えてくれているような気がします。

先輩の言うことが全てとは自分も全然思っていません。むしろ特殊なのでは?って思っていますw
でも、考えさせられる部分はありますね。
いろいろとより突っ込んだ話もさせていただいたのですが、人の心はどこでどんなタイミングで大きく方向を変えてしまうのか…
人の心って残念ながら一度違う方向を向いてしまうとどんなにそれから取り戻そうと足掻いてみたところでなかなか元に戻すことなどできません。
自分にとっては些細なことであっても、相手を傷つけてしまうことってあるんですよね。
そのせいで仲のよかった友を失ったり、恋人を失った過去も自分にはあります。

一方でそういう痛みを経験してきたからこそ少しずつ相手を思いやることもできるようになってきたのでは?とも。

うーん、ちょっと話が脱線してしまいましたが、自分は今の幸せを守り通してみせますよっ^^






昨夜は前日の金魚すくいを終えた西ロンフォールの池のほとりでログインしました。
祭りも終わり、静かなフィールド…と思いきやドーンドーンと相変わらず花火が上がっているではないですかw
どうやら夏祭りが期間延長になったみたいですね^^
(あまり恩恵なさそうですが…w)

さて、何をしよう。
忍者14のソロレベル上げでもしようかな――などと思いつつ、フレたちと他愛のない会話。
そんな中、獣フレのトイさんが巣の護衛に行くことを知り、先週失敗したまま依頼を受けている状態の自分はHelpでついていくことに。
うーん、さすがに獣2名では安定味が格段に違いました。
キャリーを呼び出すこともなく、あやつってはかえれを繰り返し、何の危険も感じぬままに終了。
ミラテテ様は白65に使い、何と破格の1497Pデスヨ!!

気を良くした自分はそのままバスからサンドまでのチョコボクエストに挑戦しました。
極力最短のルートを走ったつもりでしたが…
記録から遅れること30秒 orz
粗品はランペール戦記でした。
こちらは戦士18に使い、939P!! う~ん、今日はなかなかです^^

その後、低地エルシモが珍しくウィン領とのことだったので、補給クエを兼ねてフェロー育成。
育っているのかいないのかわからぬままに消えちゃいましたが、無事補給を終えて就寝。

他の皆のようにPTを組んでみたいという気持ちは変わらず強いのですが、ここはぐっと堪えて自分なりの楽しみ方をこれからも模索していきます^^
[PR]
by galforce | 2005-08-16 11:36 | リアル諸々