爺鯖所属  キャラ名:Galf  その日、その時感じた思いを書き記していきます。


by galforce
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

引越の日が近づくにつれ・・・

リアルではついに9月入りし、引越に向けた動くが本格化してきました。
先週の土曜日は新居の内覧会(引渡し前の建物確認)のため現地へと赴き、アブラ蝉の鳴く暑い日にエアコンもまだない各部屋を施工業者立会いのもとでくまなくチェックして歩きました。
この段階で修繕を要する箇所を指摘しておかないと、「引越の際についた傷でしょ?」と逃げられてしまいかねないと聞いていたのでかなり細かく見てまわりました(・д・)ジドー
ついでにカーテンを購入するための窓枠サイズ確認や、購入する家具の設置を予定している箇所の寸法を計ってから息子を両親に預けて家具屋へ直行。

夕方に母親は用事で出かけねばならないとのことだったので、早めのタイムリミットを設けた形での品選びは身重の妻にはかなりしんどかったようです…
結局、ダイニング5点セット・テレビ台+ローボードセット・食器棚・電話台・小物入れなどの家具や各部屋の照明器具を神速で比較検討し、購入手続きを済ませて実家へ帰宅。
預かってもらっていた息子を引き取って家路に就きました。

途中、家に帰って夕食をつくる元気はないという妻の言葉にもっともだと思い、地元では有名な絶品炭焼きハンバーグのレストランへと立ち寄り、美味しいものを食して少しでも気分を和らげられればなんて思っていたら…行列デスヨ orz

この日はミニタルズのチェケさんが企画してくれたプロミヴォン-ホラのリベンジ戦(FFの話)でしたが、このままでは間に合いそうもありません。

妻は「こんなに混んでるなら他でもいいよ。」と言ってくれましたが、せっかくなのでリアルを優先しました。
食べてみた感想は、ハンバーグのソースを8種類ぐらいの中から選べるのですが、自分のデミグラス、妻のイタリアン(トマトベースの)共にすっっっごく美味しかったです!
引越が終わったらまた是非行ってみたいですね^^


日が明けて日曜日、前日の疲れが抜け切らない中で慌しい1日が始まりました。
なんと、5社の引越業者が事前見積もりのために来訪するのです。
時間はどこも結構アバウトだったので、いつ来るかと思うとゆっくりくつろぐこともできませんでした。
今回見積もりを取った業者は来訪順にハート・松本・アート・日通・名鉄。
どこがどうとか細かいことはあえてBlogには書きませんが、繁忙期に重なっていないためどこの会社も比較的質のよい人材を派遣できますとのことでした。
見積もり自体は中身の差が極力ないようにはしましたが、20万ピッタリのところから32万で提示してきたところがあるなど結構バラバラでしたね~。
結果的には(今日返事をする予定ですが)、評判がよい業者を叩いて最安値に近づけさせ、21万で手を打つ方向です。
いろんな人に話を聞いたり、ネットで調べたりもしたのですが、決め手となる決定的な差といえるものは正直ありませんでした。
そのため、FFはせずに疲れを取って月曜からの仕事に備えようと思ったのに…結局、0時頃まで妻と協議していました(グッタリ)。

今後は…
・まだ見れていないカーテンやマット、座椅子を決めに行く
・粗大ゴミの手配 → 狭い階段を4階から1階までゴミ出し
・区や郵便局などの住所・本籍変更手続き
・銀行での手続き(2回目)
・ライフライン諸手続き(電気・ガス・水道・テレビ・電話)
・新居のコーティング作業の立会い
・カーポートの見積もり・工事
・植栽の移設・芝刈り
・今の住まいの不用品整理と清掃(業者立会い含む)
・近所へのあいさつ回りの品の購入と挨拶
・新居の挨拶状の作成
・電気機器系設置設定工事(引越業者は場所に置いていくだけのため)

・妻の実家の引越手配と不用品の仕分け(群馬へ行ってきます…)
・リサイクル業者・不用品処理場への搬入(トラック運転しますw)
・ペットの移送
その他諸々…
考えただけでも気合いが入りませんw
でも、あまり家にいる妻に負担をかけてはおなかの子供のこともあるので気遣わねばならないという思いと、
会社の仕事量の増大化による拘束時間の延長が今の自分に対する重圧です。

@2週間ちょっとすれば片方は片付くので、今はゴールだけ見て頑張ります^^






土曜日は結局待ち合わせ時間には間に合わなかったものの、前日に目的地周辺でログアウトしていたためにイベントへ向かう本体へと合流することができました。
(ちょーっと中身の人は疲れを隠し切れなかったのですが、そんなことは言えるはずもなくw)

目指すはプロミヴォン-ホラBC。
前回、完膚なきまでに叩きのめされたボスを今度こそ倒すとリベンジを誓って道中フルアラで突き進みます。
丁度同じ時間帯に突入を試みた別のアライアンスがいたため、ワープの際に倒す玉は殆ど姿すら見ることなく下の階層へと降りていきました。

道中、お一人だけ仲間を見失って置いてけぼりになり、事故死するというアクシデントはあったものの、他に大きな問題もなくBC前に到着。
前回の教訓も生かして綿密な作戦計画を立て、前衛系4名(うち1名狩)+白黒の構成で臨みました。
a0024487_9553258.jpg

結果、終盤の追い込み時に毒薬が切れたことに気づかず私一人ぐーぐー寝ていましたが、仲間の皆さんの獅子奮迅の活躍ぶりで危なげなく討伐完了!!
まずは1箇所だけではありますが、難関のホラをクリアすることができました\(^O^)/

この日もやはり教訓として忍者空蝉の大切さを痛感しました。
我侭なのは承知の上で…どなたかジョブ取得クエを手伝ってください(>_<)
[PR]
by galforce | 2005-09-05 10:00 | リアル諸々