爺鯖所属  キャラ名:Galf  その日、その時感じた思いを書き記していきます。


by galforce
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

告白します。

このことは…書こうかどうかすごく悩みました。
公にすべきではないかなって思ったりもしました。

でも、このBlogを立ち上げた時、いずれ自分が見返した時に
「あぁ、あの時はこう感じていたのか…」
そう振り返ることができるよう、自分の中で感じたままに記していこうと決めました。
だから、書きます。





先だって息子が産まれた記事を書きました。
数多くの皆さんにお祝いの言葉や励ましを頂いてすごく嬉しかったです。

あ、何か過去形だと変な印象与えちゃうかもですよね^^;
別に息子の命に別状はありません。
ただ、1つのことを除いては…

実は、生まれてきたばかりの下の子には『髄膜瘤』というコブが背中の腰の辺りにあることが判明しました。
生まれた次の日に…
こちらの医学マニュアルをご覧になるのが一番わかりやすいかもしれません。
(絵も載っています)

そのため、来週の火曜日に専門医に赴き、MRI(核磁気共鳴)などの精密検査を受ける予定です。
検査結果を元に診断し、具体的な手術に向けた打合せや今後息子に想定される事態の説明などを受けることになります。
この先を考えると不安であると共に、妻や下の子のことを思うと胸が苦しくなります。

でも、私は一家の大黒柱。
私が不安な顔をしては一家を支えることなどできません。
妻と息子は今日まで入院しています。
これまでの数日、妻の産婦人科に行く時には極力元気な笑顔で笑いかけてきました。
たとえ仕事で疲れていようと暗い顔や疲れた顔なんて見せたくないですから…

今はただ未来に対する漠然とした不安があります。
でも、息子は命には別状はないんです。
ただ、障害を抱える身になってしまうかもしれないというだけですから――

頑張って生まれてきたんですからこれからは自分達が力を合わせて支えてあげる番です。
人一倍の苦労を強いられるかもしれませんが、息子達が立派な大人に成長するまで父親として精一杯頑張ります!
そう、今日には親子揃って退院してくるんですから^^
[PR]
by galforce | 2005-10-28 13:14 | リアル諸々