爺鯖所属  キャラ名:Galf  その日、その時感じた思いを書き記していきます。


by galforce
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今の仕事について & 久々にFF頑張りました?

こんにちは、ちょっと一瞬ホッと一息つける時間ができたので、急いでブログを書いてるガルフですw

最近、仕事が面白いです。
ゲーム感覚に近いかな~。
今の仕事って例えるならば…

 『おぬしに武器をやるからとてつもなく強大な敵を倒して来い』
 そう言ってショボイ武器を与えられる(;´ρ`)

 「こんな武器では戦えないよ…」
 そう心の中でポツリと呟いていると
 
 『おぉ、そうであった。支度金も用意した。受け取るがよい。』
 と予想だにしなかった資金を身支度を整えるべく与えられる。
 『ただし…これだけの金をおぬしに託すのだから、必ずしや討ち果たしてこいよ。』
 
 「正しく飴とムチだな…」
 そう感じつつも、どんな傭兵達を募ろうか、どういう戦略で敵を討ち果たしてやろうかと思いを巡らすガルフであった (続く)

見たいな感じ。(意味わからないですかねw)

要は誰もやったことのない領域の仕事へ足を踏み入れています。
ゼロからなら進みやすいのですが、使えない武器というハンデを負ってのスタートです。
おまけにお手本がないから一から自分で考えねばなりません。
――結果がどうなるか今は見えません。
でも、果てしなく遠くに見える頂を目指してこの先どういう道のりを進んでいこうか考えつつ日々仕事をするのは面白いもんです。
自分の前に道はなく、自分の歩いた後にだけ道が残っていくのですから。

さぁ、果たしてガルフは転落・挫折することなく目の前にそびえる険しい山を登りきることができるのでしょうか!?w



なーんてリアルの話は置いておいて、昨日は久々にまともにFFしました。

ここ暫く水路で寝起きしていたガルフ君はこの日も水路からスタートです。
久々に早い時間(22時)に入れたのが嬉しくて、フレにtell飛ばしまくりw
ピンク色の文字が流れる中、フェローを呼び出して戦いに明け暮れました。
今、自分のフェロー(Raka様)はレベル41の半分ほど。
まだまだ戦力としては中途半端ですが、回復タイプなのでディアIIやヘイストで援護してくれます^^
でも、あまりにもビシバシ魔法唱えまくるので、いつもすぐにMP枯渇しますが…

そうこうしているうちにフェローさんご帰還w
イフ釜でワイバーン相手に飛竜の頭骨取りをしているれ君を助けに行こうかとも思ったのですが、ソロでワイバーンを枯らしちゃう程の立ち回りの上手さなら自分が到着した頃には終わってると判断。
ソロ護衛に行く気にもなれず、久々にソロ忍者へ変身!
もう丁度いかばかりしかいなくなってしまったコロロカの洞門でリーチをペットに丁度&楽を連戦で狩りまくります。
1時間ほど狩りをして、レベル33まで@700ほどで眠気に勝てずログアウト。

この日は狩りの内容云々よりも、友人達との会話が楽しかったです。
久々に会話をした仲間がいつの間にか高レベルプレーヤーなっていたり、思わぬ品物が高騰していることを教えてもらったり。
皇帝羽虫の髪飾りってうちの鯖ではいつの間にか350万ギルになってたんですね…
他にもジュノに寄り付かない私にはなかなか知り得ない情報がいろいろ話題に上って大変勉強になりました^^
いやー、オンラインゲームってこういう交流が面白いですし、大切ですよね!
[PR]
by galforce | 2005-12-08 15:20 | リアル諸々