爺鯖所属  キャラ名:Galf  その日、その時感じた思いを書き記していきます。


by galforce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ENM「風と共に」 & プロマシアミッション「プロミヴォン-ヴァズ」に挑戦しました!

すみません、ちょっと飼い犬と格闘ばかりしていてブログの更新が止まってしまいました。
今、私の右手は噛まれた痕や引っかかれた痕などで痛々しいです。
なのにクールビズだからと半袖シャツで過ごしているので…ヽ(;´Д`)ノ


さて、先週ですが大きなイベントは2つでした。
1つが獣LSの仲間達計4名で挑戦した千骸谷のENM『風と共に - Like the Wind』です。
かなーり前からアットワの丘に登り、トリガーとなる防毒マスクは手に入れていました。
でも…ENMに行くチャンスに恵まれなかったのでずーっとほったらかしになってたんです;;
ま、愚痴はその辺にして…
このENMはバトルフィールドに入って進んでいくと可愛いエフトが1匹います。
ただそれを倒せばいいだけ――なんですが、このエフト君は高速で移動します!
「シャアか!?」と思うくらいw 『Race Runner』の名はダテじゃありません。
目の前に来た!と思った次の瞬間には背後を取られますからね…

で、作戦ですが獣4人でキャリーさんを呼び出してぶつけます。
あとは本体の4人は敵から逃げ回るだけw

でもね、逃げるのも難しいんですよ。
自分はヘイト低かったから敵に狙われずに済みましたが、このエフト君は速いだけじゃなくて攻撃力も高く、おまけに状態異常(毒だったかな?)の特殊攻撃も!
対峙中、私は懸命に逃げ惑う仲間達に回復呪文をかけてました。

で、ようやく倒した~~~!と思ったら宝箱が出現しました。
『お…何が出てくるかな…』
ドキドキワクワク楽しみにしていると―――
経験値1500 & 青漆 … 以上!   (ω・ )ゝ え?なんだって?
みんな、あまりのハズレぶりに愕然 Σ(゚д゚lll)ガーン
初めての自分にはそのショックはよくわかりませんでしたが、記念にその「青漆」を頂いて帰りました。
ちなみにこの「青漆」、競売で3000g…おまけに出品しても全然はけません。


続いてもう1つの大きなイベントは…
標題に書いてるからバレバレですが、土曜の夜にケダモノ王主催の「プロミヴォン-ヴァズ」に挑戦してきました。
これまでなかなか大きな流れに乗れず、ミッションが進んでいなかった自分にはまたとない好機!
約束の時間に少し間に合いませんでしたが、何とか滑り込んでスタートです!^^

メンバーは総勢フルアラを超えるほど!
お手伝いを申し出てくれたちゃこさんにはメンバー多すぎにつき結局現地でお別れをする羽目に。(申し訳ない…)
でも、感じました。
フルアラだったからこそ勝ち進めましたが、これが1PTでは絶対途中で全滅していた…と。
これまで行ったプロミヴォンとは異なり、回避不能な敵の配置。
おまけに各層でボスキャラを倒さねばなりません。
特にえげつなかったのがメアのボス。
前衛後衛の距離を保てなかったのもありますが、フルアラだったにも拘らず危うく全滅の危機でした。
(当然、私は回転木馬で吹き飛ばされて…死にました)

そんな苦境を乗り越えて何とかボス前まで到着。
a0024487_10555829.jpg

戦い自体は私の所属したPTがほぼサニープレイスLSの気心知れた仲間だったことや、ケダモノ王の的確な作戦指示、おまけに写真に写っている忍者夫婦2人の息が合ったターゲット固定のおかげでピンチもなく討伐完了^^

ただ…この間に実はリアル世界で次男が急な発熱で大泣きするなどバタバタしていたため、勝利直後に緊急ログアウト。
一緒に行軍したメンバーにちゃんとお礼も言えませんでした。
今さらながらですが、主催してくれたケダモノ王さん、一緒に戦ってくれたサニPの仲間達、わざわざ駆けつけてくれたちゃこ君、参加できないまでも…と薬品を分けてくれたチェケさん、その他多くの仲間達に本当に感謝しています。ありがとう^^
[PR]
by galforce | 2006-06-19 11:04 | FFXI : イベント