爺鯖所属  キャラ名:Galf  その日、その時感じた思いを書き記していきます。


by galforce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:FFXI : ミッション( 10 )

こんにちは、埼玉の隠れ家的なオフィスからネットにアクセスしているガルフですw

いやー、昨夜のサッカーは残念な結果に終わってしまいましたね。
この話題に終始すると【残念です。】な気分になってしまうので、もうこれ以上は触れません。


昨夜はソロであちこち行動していました。
目的は2つ。
① フェローの『天光』というクエストを終わらせて信頼度をUPさせる。
② 週末土曜の夜に予定されているプロミヴォン-ヴァズ攻略に向けた下準備。

昨日はランバージャック様との対戦中に強制ログアウトしたため、バタリアから行動を開始しました。
そのままジュノまで走り、イベントを見ただけで天光のクエストは終了w
(事前に必要となるだいじなものは集め終えており、氷河でのイベントも見終えていたため)

次いで飛空挺に乗り、一路バストゥークを目指しました。
港に入港するや否やプリッシュ&ウルミア達が登場。
最近始めたアトルガンと時々ごっちゃになっちゃいますw
大工房にも足を運び、ミッションのストーリーを着々と進め、いったん本国(ウィンダス)にて休憩。

フレとあれこれ会話をした後でソ・ジヤの通称「ヌエの塔」に向かいました。
そう、ここではどうやらNMゴーレムと対峙することになるとのこと。
ソ・ジヤに入ってプロテス・シェル・ストンスキン・ブリンクと一通りの強化をかけ、NQカニを呼び出して準備OKw

え?何でキャリーさんを呼び出さないか ですか?
だってフレのケダモノ王から「あー、あのゴーレムはソロで余裕w」と聞いていたし、別のフレさんのブログでも「75で楽勝でした」と書いてあったので^^

で、早速石の扉を触り、罠が発動してタルタルからでは顔を見上げられないほど大きなゴーレムが登場。
『カニさん、行くぞ!』
そうつぶやき、果敢に切りかかりました。
…が、減りません。
敵のHPが全然減りません。
おまけにバインドやスタンで行動を止めてくるし、放置するとみるみるHPを回復させています。
おまけに一撃が意外なほど痛く、数発食らったらあっという間にHP表示が赤くなってきてしまいました。
『NQカニさん…役立たず…』
そう心の中で思いつつ、本気だせを実行。
すると、周囲のトカゲを巻き込んじゃってカニさん死亡…
やむなくそのトカゲを操ってぶつけるも弱すぎて攻撃が当たらないwww
再度呼び出すまでのリキャストもまだまだで、このままでは危険と判断。
一度ソ・ジヤから抜け出しました。

一度完全に回復させてから再び遺跡の中へ。
すると、見知らぬ黒さんが私の沸かせたNMと戦っているじゃありませんか!
『あれ?絡まれちゃった??』
んー、どうやら普通のNMか何かと勘違いされたご様子。
『頑張って倒しても何も出ないのに;;』
バインドで足止めし、古代を連発されていましたが、案の上MP枯渇で退散されました。
その直後、フリーになった瞬間に攻撃を仕掛けることができたので敵のHPは半分w
こちらは本気のキャリーさんが一緒です。
もうこうなれば勝ったも同然!!
キャリーさんを盾にしつつ、ランページ連打で沈めました^^

いやー、私の後に続く方がいらっしゃれば一言…
『なめてかかると手痛いしっぺ返しくらいますよ(>_<)』


その後、獣LSの皆さんと合流し、朝倒せなかったランバージャック様を倒しに向かいましたが…
再POP時間勘違いしてて居ませんでした lol
[PR]
by galforce | 2006-06-13 10:44 | FFXI : ミッション
プロミヴォン-ホラ攻略。
これば昨夜のミッションでした。
日曜日の日中に自由な時間を与える交換条件で息子の寝かしつけを妻に任せ、
待ち合わせ予定の9時半前にはヴァナディールにログイン。
メインキャラのガルフは半年ほど前にサニープレイスの猛者たちに導かれるがままに勝利を手にすることができましたが、今回は自分が攻撃の要の一翼を担います。

セカンドキャラのバドガールで再び挑戦です!

ジョブはソロ活動メインで上げてきた戦士/白魔道士。
全身をハイクオリティーな装備で固め、ハイポーションを9個持参し、敵ボスの特殊な攻撃に備えて毒薬・聖水・目薬を持参しました。
持ち物はほぼ一杯で、準備万端整えて目的を同じくするミニタルズの仲間と合流します。

以下、ネタバレを含みます
[PR]
by galforce | 2005-08-17 09:58 | FFXI : ミッション
妻と息子は一足先に群馬へ行き、久々のフリータイム到来にあれこれ頭を悩ませた結果、
昨夜満を持してウィンダスの最終ミッション、月詠みに挑戦してきました。

 _ガルフ(獣使い75/白魔37)_______
|本日22時よる友人の協力を仰いで
|ウィンM9-2 月詠みにチャレンジします!
|どきどきです
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
自分はメインの獣/白で参戦。
念のためにハイポーション8本、ヤグードドリンク7本、イカロスウィング、ペルシコス・オレを持参しました。
呼び出しペットはキャリーさんです。

お手伝いしてくださった方々は、
 ・パパ獣仲間のトイさん(獣) ペットはHQカブトムシ!!
 ・番長(モンク) 長身から繰り出す一撃は獣ペットをも凌ぐ破壊力です
 ・れちーさん(赤) 紅一点 ステキなムードメーカーです^^
 ・FF初めて間もないころからの友人であるKさん(白) 一緒にホルトト大冒険したもんです
 ・要塞で獣PTを一緒に組んだころの友人Rさん(召) ナ侍竜黒召何でもござれのExpert!
というドリームチームでした^^
(ゼロさんや元LS仲間Nさんをはじめ、協力の意志表明してくださったみんな、ありがとう!)

a0024487_10141740.jpg


それでは、いざ出陣です!!(注意:以下にネタバレ含みます)
[PR]
by galforce | 2005-08-12 10:53 | FFXI : ミッション

神を名乗りて

昨夜、ミニタルズLSの面々とプロマシアミッション『神を名乗りて』&ENM『異界の使い魔』にチャレンジしてきました。
総勢16名の3アラでの大行進。
そのほとんどのメンバーがタルタルなので・・・さながら幼稚園の遠足のような感じでしたw
a0024487_9124712.jpg

BCの青白い渦までは無事、死傷者もなく到着。

PTの編成を確認し、8名ずつの2PTでENMから攻略します。
敵は大きなダニが1匹。
普通に戦っていれば勝てる相手と聞いていたので余裕をかましていたら…
a0024487_9151139.jpg

開戦早々自分だけプリケツw
後衛のMPが回復しきらないうちにPETをボスにぶつけてしまい、キャリーさんは死亡。
返す刀で集中砲火を浴び、後衛が戦場にたどり着く前に衝天しました(-_-;)

でも、1人欠けても7名。
その後は各々が自分の役割をきちんとこなし、無事に退治できました^^
a0024487_918466.jpg

経験値は3000には満たない2000+αでしたが、宝箱の中身は
・ウッズマンリング(指 命中+5 飛命+5 回避-5 Lv40~ All Jobs)
・クィックベルト(腰 HP-15 ヘイスト+2% Lv41~ 戦赤シナ暗獣吟狩侍忍竜)
な、なんと当たりのドロップだったそうですw (宅配、いくらになるのかな~?^^)

さて、気を取り直してミッション本番です。
a0024487_9234456.jpg

今度は開戦直後に【死】なんて恥ずかしいことはできないので気合いを入れなおして突入!
中に入るなりイエローカレーを食し(ナイトメア対策)、毒薬服用(睡眠対策)、ブリンクを唱え、白さんからプロシェルをいただいてディアボロスのもとへ。

キャリーさんをぶつけ、自分たち前衛は下手の壁を背に床が抜け落ちてもノックバック攻撃を食らっても下に落とされないよう考えて戦います。
気をつけるのはただ1点。
敵の特殊攻撃ナイトメアです。
スタン系のWSを各々が準備し、敵がナイトメアを使いそうになったら止める戦法で!

念のためにイカロスウィングを服用し、WSのマクロをスタンバイしつつ戦いました。
後半、初のナイトメア!
ログが流れた瞬間にスマッシュを繰り出せたため、敵の特殊攻撃は不発に。
仲間からの「ナイス」「グッジョブ!」の言葉がなんだかくすぐったく感じると共に、ちょっと嬉しかったです^^

結局、前の組のようなナイトメア連続攻撃もなく、ジワジワと削り切ってディアボロスを撃破!
無事にプロマシアミッションを一歩進めることができました^^
ミニタルズの皆さんに感謝!(*^o^)
[PR]
by galforce | 2005-07-18 09:27 | FFXI : ミッション
日曜の夜のこと、獣王様の呼びかけでサニープレイスの精鋭!?が一堂に結集してAA討伐を行なうことになりました。

自分は参加できなかったのですが、過去にも一度タルタルのAAに挑み、これを撃破しているとのこと。
今回は2回目のチャレンジです。

注)以下、ネタバレ含みます。
[PR]
by galforce | 2005-07-11 14:04 | FFXI : ミッション
週末はblogお休みしてました(;´д`)ゞ
さて、先週末やったことを振り返りますと…

金曜日:2つの道 ~ アットワ de 山登り
土曜日:プロミヴォンENM メアの毒ガス地獄
日曜日:(´・ω・`)/~~


では、まずは金曜日から振り返ります。

――― Today's Mission ―――

プロマシアミッションを少しでも進めよう!の日
(2つの道 ~ アットワ de 山登り)

この日はインしても予定がなく、冷蔵庫君とどこか行こうか~?って話をしていました。
すると、ミニタルズの面々で何やら打ち合わせをしている様子…
パールをつけてLS会話ログを眺めていると、どうやらプロマシアミッションの第3節『2つの道』を進めようとされている様子。
Σ(`∀´ノ)ノ アウッ そういえば自分も進めねばと思いつつ、放置していました。

若干ネタバレになっちゃいますが、このミッションにはサンド編とウィン編があって、それぞれを済ませた後にバスへ報告しに行くというものでした。

まずはサンドから回ることに。
ここは話を進めてギルド桟橋にてNPCと話すとNMモルボルが湧き、これをしばき倒します。
75のモンクで勝てたという情報は聞きましたが、果たして獣ソロでも行けるのか!?
若干不安を抱えていたところへミニタルズのマイラさん(狩)ワイさん(白)が合流することに^^
予め周囲の雑魚でTPを300%まで貯めて、いざモルボルと勝負!!
―――数秒持たずしてモルボル轟沈w
報告を済ませて意外と早くサンド編は終了しましたъ(`ー゜)

次のウィン編。
こちらは散々走り回らされましたね…
えぇ、もうサポシにすればよかったと何度思ったことか(;´Д`)
おまけにこちらのボス戦は結構キツイと聞いていたので気合の入り方が違いました。
(あ、でも夜遅くて本当は眠気との戦いでしたが^^;)
マイラさんが地面をタゲって黒いアリ地獄がガバッと出現!!
どうやらこの敵は出現ポイントから引き離さないとHPを回復させてしまうとのこと。
ペットをぶつけて攻撃させ、タゲを奪ったところで戻しますが、自分たちが待機するところまで
引き寄せる前にスゴスゴと戻ってしまいます。
うーん、これはなかなか面倒だな…と思った矢先、敵はあっけなく倒れましたw

さぁ、だいじなもの:再生の玉を入手して山登りを開始です!
岩場と骨がむき出しの殺伐とした道を進むと、所々に黒々とした瘴気が立ち込めています。
この瘴気が曲者で、暫く待つと消える場所といつまでも吹き出し続ける場所があり、事前にサイトでルートの確認などせず、純粋にこの迷路と知恵比べをしたかった自分たちは、なかなか思うように頂を目指せずにただいたずらに時間ばかりを浪費していました。
その間にも再生の玉の光は弱々しく変化していきます…
どうやら時間制限があるらしく、1時間以内に山頂へたどり着かねばならないとか。
3人で道なき道を彷徨っていても埒があかないので手分けして進むこととしました。

上へ下へと暫く迷っているうちに、自分は地面スレスレの所まで落ちてしまい、もう一度やり直しかと飛び降りた直後に―――何かが閃きました!

『ひょっとして…急がば回れっていうやつ!?』

そう思った自分は残り時間を気にしながらも、上ばかりを目指さずにあえて道中飛び降りたりしながらひたすら左手を壁につけて進んでみました。
すると…何だかルートが見えた気がするじゃないですか!
けれども、玉の光は限りなく弱くなって…
急がなきゃ!! はやる気を抑えきれず、ガシガシと進みました。
すると、ついに山の頂へ―――

━━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━━!!

嬉しくて『キターーー」と叫ぶ自分。
山頂の中心部をタゲってイベントが発生し、無事クリアです^^

その後、残りのお二方を無事山頂まで案内し、大変だった山登りも無事に終え、ウィンに戻ったところで既に4時だったので眠りにつきました(;´д`)ゞ


そして、土曜日。

――― Today's Mission ―――

サニープレイスイベント:プロミヴォン メア
(プロミヴォンENM メアの毒ガス地獄)

何度か行っているプロミヴォン。
この日はミッション班とENM班とに別れてアラを組み、ボスを目指します。
道中はアライアンスの効果+他のPTとの合流もあり、死人も出ずに無事BC前へ到着。
ENMについては参加人数が計10名と中途半端だったため、5名×2に別れての突撃です。

まずは自分たちの班。
正確な構成は覚えていません。
前衛が3名に白黒の5名だったことは覚えています。
ちなみに私は白での参加でした。
開幕後、3方に散った前衛の回復に努めようとするも、ボスの奥に行ってしまった人はケアルが届きません。
届かせようと前に出ると範囲攻撃を食らいます…
そうするうちに毒ガス攻撃を敵が連発し、アニマを使用するも殆ど意味なく前衛3名が死亡…
黒さんも回復補助メインで削りには参加していなかったこともあり、敵のHPはまだまだ豊富。
ここに至り、勝利は不可能と判断してBCから脱出し、レイズ要員を務めました。

次のチームが突入した後、リアルHNM(嫁さん)がものすごい形相で…
というのも、息子が興奮してなかなか寝付いてくれず、HELPを求められたのですが、自分はプロミヴォンの最中で相手をすることもかなわず…
で、結局ぶち切れてしまい、志半ばで強制離脱&ログアウトです(;つД`)

ちなみにもう一方のENM組も全滅し、意気消沈する中迎えたミッション本線は無事勝利したようで…自分はその場にいられませんでしたが、心から『おめでとう』の言葉を贈りたいです^^


最後に昨日の日曜日。

――― Today's Mission ―――

0時には寝ること! ((´・ω・`)/~~)

前日のことがあって、日曜の朝は嫁さんから説教をくらいました。
引退勧告をされたのですが、そこは何とか死守。
ただし、ここ最近の午前2時(遅い日は4時)まで遊んでいるのは一家を支える大黒柱としての自覚がないとの指摘には言葉を返せず、健康維持管理の観点からも0時には寝るように申し渡され、自分自身もその条件を受諾しました(;´Д`)ノ

それはそうと、この日は息子の2歳の誕生日。
私の実家に連れて行き、美味しいケーキを食べたり両親がいっぱい一緒に遊んでくれたおかげで息子は大興奮!
昼寝もせずに遊び続けていたので、夜には不機嫌この上なくなってしまいました。
家に帰ってきた時間も21時過ぎだったので、家事と息子の相手を分担して用事を済ませていきましたが、気がつくと既に23時…
嫁さんが寝た後で1時間だけFFです。

前日、強制終了したままだったので、装備は白のシアー系一式。
このままでは何もできないので倉庫に装備を移送しようとした矢先、タンタカタンからの合成依頼が舞い込みました。
あまり真面目に合成に取り組んでいない自分が役立てるのか正直不安はありましたが、頼まれた『溶解の鏃』はスキル的には問題なさそう。
材料をジュノで預かり計12回、合成のために座ってみました。
結果、10勝2敗…
最後に2連続で失敗したのは痛かったですが、計5Dは作成できたのでまずはよかったです^^
どうやらこの合成は結構な利益も出る様子。
んー、NM討伐やBCで一攫千金を狙うのも面白いですが、合成でコツコツ儲けるのもこれから限られた時間の中でプレイする身にはいいかもと思ったり。

その後、ラスト10分でロランベリー耕地へと旅立ち、蜂と戯れ始めたら時間になっちゃいましたヽ(;´Д`)ノ

いやはや、1時間ではあまりあれこれできませんね。
これから日々何して暮らそうかな…
[PR]
by galforce | 2005-06-20 12:26 | FFXI : ミッション

誓いの雄叫び

週末は先日の日記にも書きましたが、妻の実家に行っていました。
基本的にどこの家でもそうでしょうが、道中の運転は父親の役目。
日曜日も例に漏れず自分が運転して帰ってきたのですが、息子は車中で爆睡。
家に着くと元気一杯になっていたのに対し、妻は疲れから休みたいと…
で、結局自分自身も疲れを感じつつ、妻を休ませ子供の相手をし、そのまま夜を迎えました。

そのせいかどことなく本調子を欠く体調であったのは否めません。
けれども、みにたるず(LS)の皆さんのご好意で一緒に『誓いの雄叫び』をクリアできるまたとないチャンス。
泣き言など言っていられません。

―――という訳で、本来であれば22時半にインが当然の自分ですが、この日ばかりは妻に無理を言って息子の寝かしつけを代わってもらい、21時にはインです!
PT構成を掲示板で確認したところ、自分は獣で行ってよさそうな雰囲気。
しかし、自分の持っているLv40装備って『とりあえず揃えてみました』的な感じで、ギリギリの戦いを生き残れるのかと聞かれるとかなり微妙…
なので、ジュノ下層で競売とにらめっこ開始です。

結果的には頭・腰・指の装備をグレードアップしました。

 頭 :クイルバンダナ+1 防15
 腰 :サバイバルベルト HP+17 回避+5
 指 :器用の指輪+1 防2 DEX+3 耐雷+7

他にもハイポーション×6 (1つ3000G…)、イカロスウィング×1、ボイルシザー×1を購入。
う~ん…結構奮発してしまって持ち金が…(;つД`)


準備がある程度済んだところで待ち合わせ場所が変更になった旨の連絡を受け、初のリヴェーヌ岩塊群サイトA01へ向かいます!
途中でお仲間さん1名に合流し、ダブナジアでENM『帝龍の飛泉』を受け、道中迷いながらもA01に到着。

―――初めて目にする世界。
いくつもの岩上の島が浮遊している感じで、独特の世界観ですね。
ふと、昔のゲームで『バハムートラグーン』というものがありましたが、あの世界を思い起こさせられました。(知ってる人少ないかもですが(´ヘ`;))

地図もなく、右も左もわからない状態で困っていたところでPT再編成のお話があり、フレの冷蔵庫さんも加わって6人で行軍。
途中、数度ワイバーンに絡まれつつも、無事目的地にたどり着けました。
そこは…
a0024487_12563055.jpg

れちぃが喜びそうなタルタルの群れが…。
総勢4アラに相当するタル集団(一部ヒュム)でしたw。

ここで作戦を確認し合い、ENM→ミッションの順番で進めていきます。
自分は第2小隊に所属ということでPT内での作戦確認を終えて、いざ『愚かなる木』に挑戦です!

以下、ネタバレを含みます
[PR]
by galforce | 2005-06-13 12:05 | FFXI : ミッション
先週の金曜の夜中、ついに…ついに獣使いが65になりました!
FFを始めてからずっと上げていた白のレベルにようやく並んだんです。
確かに上を見ればレベル75まではあと10も上げねば到達できません。
でも、自分にとってレベル65の壁ってものすごく高くて、獣をここまで続けられるとも正直思っていなかっただけに…嬉しかったなぁ~(=´∇`=)
(実は上がって間もなく操りミスから死亡 ⇒ レベルダウンして∑(゜△゜;)…となったのはナイショw)

さてさて、レベル上げの感慨もひとしおではありますが、先週末の土曜日には第2回プロミヴォンに行ってきました。
行き先はメア寺院(タロンギ)です。
22時にジュノ上層に集合の予定でしたが、倉庫キャラに薬品類を持たせていたためにその移動作業で遅刻してしまいました。
全体を統括してくれていたコンさんをはじめ、参加メンバーに申し訳ないと思って神速で準備を済ませてホームポイントへ向かったのですが…
コンさんしかいないじゃないですか(爆)
次第に集まるも人数が微妙&獣王様は裸装備で行くとか言ってるしw
自分は気合入れすぎなのかもしれませんが、前衛の方々の用意周到さに比べ、後衛を努める方の中には結構装備適当&薬品も少量の方とかもいて、正直言うと不安でした。

『行からには絶対クリアしたい!』
だから、サイトを事前確認して攻略法を頭に入れて戦いに望む…

自分の物差しではコレって基本動作だと思うのですが、「参加することに意義がある」「楽しければいいじゃん」「まぁ、気合で何とかなるっしょ」などいろんな思いの方もいるわけで、ゴリ押しして自分の考えを押し通すつもりもありませんでした。
(アシュラにだけは、そっと不安を打ち明けましたが(;^。^A)

寺院に到着し、中に入ると他のPTが同じ頃に入ってきました。
渡に船とはまさにこのこと、うまく紛れ込んで進むことができたので、あっという間にBC前へ。

ここでBC突入組みと待ち組みに別れ、自分は未クリアなのでMP回復を待って他のメンバーと突入しました!
敵はひょろ長い足の遅そうなBOSSでしたが、後衛の自分は距離を保ちつつ、前回同様の戦い方をしました。
開幕そうそう精霊の印+パライズで相手を確実に麻痺させ、あとはケアル2or3+リジェネを中心に前衛を支援。
敵は、インペールメント(HP1桁、ヘイトダウン、一撃避けの要領で回避可能)
エンプティスラッシュ(ノックバック付き200~300ダメージ物理 空蝉有効)
虚ろなる霧(魔法範囲毒、ダメージは100程度、スリップが厳しい)
マルク(範囲攻撃 ヘヴィ)
回転木馬(物理範囲、ダメージ180~250)
と立て続けに厳しい攻撃を連発し、回転木馬5連発でついには前衛の要のフォルトさんが死亡…
その後も1人1人嬲り殺され、回復の連続でヘイトが上がってしまった自分も2発食らって遭えなく昇天(;´ρ`)
――やはり…そんな楽にはクリアできないよ…
と半ば諦めていたら目の前で敵が崩れ落ちました!
敵のHPを確認せずに仲間の回復ばかりに集中していたために気づかなかったんです。
敵も瀕死だったんだってことに。

ま、かくして結果的に目的としてたプロミヴォン2回戦目攻略は成りました。

ただ、次のホラが一番の難関と聞いています。
SPのLS連絡用板で自分も積極的に周到な準備を呼びかけるつもりですが、ラッキーが続くとは限らないので自分自身もイメージトレーニングを進めておきたいです。
(例えば…
①自分も寝ちゃわないよう毒を盛っておくこと
②回復は先を見越して早め早めに詠唱すること
③精霊の印のリキャストが10分もかかることから敵のHPが減ってきてから印パライズを打って確実に麻痺させること
④シャドウスプレッド(範囲攻撃 睡眠+呪い+暗闇)対策として、前衛さんに聖水は用意しておいてもらいつつ、ブライナ支援を行なうこと(目薬も持っておいてもらえると助かるけど・・・)等…)

3ヶ所共にクリアできた暁には、途中諸事情で参加できなかった方たちのHELP参戦。
PMのメンバーでまだクリアしたことない方々への支援も行なえたらと思っています。
(PMのメンバーもSPのイベントに相乗りさせてあげられたら一石二鳥かな…なんて(爆))
[PR]
by galforce | 2005-01-24 09:59 | FFXI : ミッション

初めてのプロミヴォン

先週末の土曜日、Sunny Placeの屈強なメンバーと共に初のプロミヴォンに参加しました!
自分は最近、獣ばかりやっていたのでうまく自分の役割を果たせるか一抹の不安はあったものの、残りのジョブの中では最も手馴れている白/黒で参加しました。
レベル30制限ということで、新たにシアー系の+1付き装備をあれこれ購入し、薬品は少量(ヤグドリ5本)と思っていましたが、プロマシアミッションを数多くこなしている友人のアシュラからアドバイスをもらい『その量だと1回の戦闘分です…』とのこと。(うはw)
結局、大事を取って持って行った補助系アイテムは以下の通り。

 ・硬直時間の短いアクアムスルム 4D
 ・ヤグドリ 15本
 ・やまびこ薬 1D
 ・魔女の串焼き 1D
 ・パンプキンパイ 1D

アイテム欄がすごいことになってましたw

みんな準備ができたところでテレポデム。
初めて入ったプロミヴォンは虚無の世界といった感じが漂っていて、敵もなんだか深海の生物のような生命力を感じさせない独特なもの…
基本は戦闘を避け、次層へ行くための球体を探すわけですが、遠距離攻撃のできるメンバーが多かったので難なく倒せる中、自分はただひたすらケアル2やリジェネで回復支援をしていました。
タルの白/黒パンダはMPは多いものの、調子に乗って使うとMP回復にかなりの時間を要し、ジュース飲もうかとも思ったのですが、ヤグドリ(ジュノ価格2,000g/本)をボス戦でもないのにガブ飲みできる財力はなく…
すみません、みんなを待たせてしまいました(^_^;)

意外とスムーズに進めたのか、BCまで一度も危険な目に遭わずに到着。
白の自分には作戦も何もないので、戦闘開始直後に精霊の印+パライズ。
以降、回復支援を続ける…
我ながらタルのケアルタンク貯蔵量は素晴らしいですね。
ヤグドリを飲みながらケアル2中心+リジェネの回復支援を行ないましたが、終盤までMPを持たせることができました。
ただ、さすがに最後の最後になって獣王シュウさんが赤字HPのピンチを迎えた時にはMPが底を尽き、急いでアクアムスルムを飲んで飲んで飲んで…
あら…回復前にボスが死にました(爆)
(女神の祝福使えばよかったのに というのはナシでw)

イベントを見てさぁ、戻ろう!という時になってシュウさんの一人コント(瀕死状態でレベル格下の敵がトレイン!)なんてのがあってみんなで駆けつけるアクシデントはありましたが、無事に一人の死者もなくクリアできてよかったです^^

p.s.ついでで書くことじゃないのかもしれませんが、ジラMのミスラとクリスタルのNM壺退治も勢いで終わらせることができ、ようやく空への道が繋がったようです。
こっちも未知の世界なだけに、すごく楽しみです^^
[PR]
by galforce | 2005-01-17 10:03 | FFXI : ミッション

デルクフの塔再びにTRY!

先週末の土曜日、ジラートミッションの『デルクフの塔 再び』に行ってきました。

※注意:かなりネタバレなので、見る人は自己責任でお願いします。管理人は責任取りません。

イベント映像が流れた後、カムラナートとの戦いに突入!
PT構成はナ75・ナ75・獣70・赤73・白67・白65(自分)といった感じ。
(PTメンバーのレベルは誤差があるかもしれません)
ジュースや薬品も持っていき、持久戦にも強い構成なので何とかなる!と思っていました。
ボスが使ってくる魔法についても、サイレガ・ディスペガ・スロウガで、それぞれ、やまびこ薬・ダミー魔法・イレースで対処可能――と。

しかし…敵のディスペガ連発は半端なく辛かったです。
おまけに獣さんはバトル開始後間もなく光臨剣をモロに食らって昇天…
自分は回復を優先させるべきなのか、それともイレースを前衛にかけるのを優先すべきか、はたまたダミー魔法をかけることを真っ先にすべきか…
躊躇する暇もなく基本は回復優先で戦闘補助に注力しました。
赤さんが倒れ、フレのナイトが倒れ、もう一人の攻撃主体のナイトも倒れ、アクアムスルムがぶ飲みで頑張っていたかたわれの白さんが倒れ…
途中、女神の祝福を使った甲斐もなく、ふと気がつくと自分だけが残されました。
敵のHPは1mmもない状況にも拘らず、自分は物理攻撃力皆無&MPもほぼ底を尽いてしまった状態。

――― 一瞬、何とかならないものかと思考を巡らせましたが、勝ち目はゼロと判断。

速攻で出口をターゲットし、戦場を後に脱出しました。

写真はその後、投げ出された仲間たちの首なし死体の図です…
a0024487_17194822.jpg

a0024487_1720756.jpg

次に行く時までに戦闘時を振り返って自分がせねばならないこと、仲間との連携をシミュレートして頭に叩きこまなきゃ。
もう負けは許されないですから!^^
[PR]
by galforce | 2004-11-24 17:20 | FFXI : ミッション