爺鯖所属  キャラ名:Galf  その日、その時感じた思いを書き記していきます。


by galforce
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:FFXI : イベント( 54 )

あの人が…再び

あれから何年の歳月が流れたのでしょう…

昔、ヴァナディールを去って、もう二度と戻らないと思われたあの人が再びこの地に降り立ちました。

旧友の名を継ぎ、強い種族に憧れを持ち、ガルカを勧めたのにミスラを選択したあの人とは…

リアル妻 その人です。

以前、些細なことが原因で喧嘩となってこの世界を去ったものの、長い年月に渡る説得と新たなPCの購入によって、ようやく機嫌も直り、また1から冒険を始めてくれたんです。

ようやくランク2の駆け出しの冒険者ですが、いずれは意のままに動く我が下僕となってくれるよう!?飴と鞭を使い分けつつ支えてあげたいと思います(爆)
[PR]
by galforce | 2009-02-24 07:48 | FFXI : イベント
どうやら新たなバージョンアップが図られたようですね!
昨夜、ログインしようかなと思いバージョンアップの作業は済ませておいたのですが…
やはり疲れに勝てずに寝てしまいました^^;
どうも最近はすぐに眠りに落ちてしまいます。


さてさて、そんな自分ではありますが、数日前に珍しく夜間帯のログインに成功しました^^
で、赤魔道士のソロでのレベル上げを続行…と思った矢先に獣LSの友人たちから「丁度いいところに!」の声が。
どうやらアサルトに行こうとしていたらしく、熱烈な!?お誘いを受けました。
しかし…お誘いを受けた場所は私がまだワープを開通できていないエリア…
イルルシ環礁の「黄金の遺産収集作戦(階級:二等傭兵以上)」というものでした(;_;)

ここ…前にソロでチャレンジしてみたんですが、最後のインプが数体いるエリアで…死。

だから避けていたんです。


すると、その事実を知った仲間たちが手伝おうか?と話してくれているじゃないですか…!
すごく嬉しかったです。
危険極まりないのをわかっていながら、こんな私のために手伝いを申し出てくれる…
申し訳ないなぁという気持ちでいっぱいながら、お世話になりました。

案の定、道中では何人もの方が倒れました…
特に最後のインプエリアはゴールまであともう少しではあったのですが、数体一気に襲ってきてしまい、一人また一人と…

そんな中、自分は何とか生きたまま扉をくぐることができ、無事開通できました。
多くの代償と引き換えに…

結局、その後ヘルプに戻ろうとしても既にアサルトを受けているからと再度門から外に出ることは叶わず、その場でログアウト。

皆さん無事に生き返れたのかな…?
申し訳ない気持ちと共に、感謝の気持ちでいっぱいです。
まだ二等傭兵の身分ではありますが、これで何処のエリアでも行けるようになりました。
本当にありがとう!
[PR]
by galforce | 2006-07-26 06:06 | FFXI : イベント
一昨日、仕事から帰った時には家族は寝ていたので少しだけログインしました。
これまで火曜日はGさんたちとよくクロウラーの巣の護衛に行ったりしていましたが、さすがに最近ログインできていなかったのでクエストを受けられていません。
護衛参加はお断りしようかと思ったらGさんもPT中の様子。
逆に謝られてしまいましたw

「さて何をしよう…」
正直あれこれやるだけの元気はまだありません。
倉庫の荷物整理でも…と思ったところで急に拉致されましたw
どうやら獣仲間のトイさんが各方面に一瞬で移動できるワープホールを1箇所だけしか開通できていない様子。
「近場だったら何とかお手伝いできるかな?」
そう思い、獣だらけのPTに私も参加し、エスケプの魔法があればすぐに到着できそうな火山を目指すことに。

久しぶりの仲間たちとの行動、特別なことをしていなくても何だかワクワクしてきます。
道中にはトロールやグレネードなどもいてドキドキですw
何か事故が起こらないかと期待…じゃない心配もしましたが、皆無事に到着^^

本当はいろんな友達と話をしたり、どこかへ冒険に行ったりといろいろ精力的に活動したいのですが、それはまた今度にしてログアウト。
わずか1時間ちょっとでしたが、楽しいひと時を過ごしました^^
[PR]
by galforce | 2006-07-06 22:55 | FFXI : イベント

ハクタクの眼取り、再び

昨日、うちの上の子が近所にある極真空手道場に体験で行ってきたそうです。
妻の話によると、1時間の練習時間中ずっとみんなの型を真似て頑張っていたそうですw
子供達は皆礼儀も正しいけれど、返事が「うっす!」なのが不思議な感じだったそうで^^;
今、道場で最年少なのが5歳の女の子。
うちの子が入れば3歳になったばかりなので最年少記録更新ですw
礼節を学び、身体を鍛える意味で空手を習わせるか、体力増進と今後を考えて水泳を習わせるか…
息子に「空手と水泳とどっちがやりたいの?」と聞くと「空手と~…水泳!」と答えます(爆)
皆さんに自分の子供(♂)がいたとしたら、どっちを選択しますか?



さて、昨日は22時ちょっと前にヴァナディールへ降り立ちました。
でも、特別約束があるわけでもなく、ふと白魔道士を上げてみようかな?なんて思って装備を引っ張り出そうとしたのですが…
同じくヒマしてたブタ君から「一緒にどこか行きましょう」とのお誘いがw

引っ張り出した白装備を金庫に戻し、いつもの見慣れた獣装備に着替えてモグハウスを出ました。



向かった先は海蛇の岩窟。
ここでブタ君のためにハクタクの眼の1つをプレゼントしようと思って^^

ただ、サハギン鍵を持参しておらず、他の獣人硬貨も持ち合わせていなかったため、サハギン鍵扉奥の通路下で通路上に湧く1匹のマインドゲイザーをリポップを待ちながら狩りました。

でも、5匹くらいかな?狩ってみたもののハズレばかりでリポップまで結構長いので非効率的。
時間も11時半に差しかかろうとしていたので、そのままノーグへ向かって終了という流れに。

うーん、天然トレハンも持ち合わせていないので、ドロップ率の低いアイテム取りは厳しいですね^^;
[PR]
by galforce | 2006-06-23 12:03 | FFXI : イベント
えっと…
FFの世界で一部の方には報告したのですが、リアル世界において7/1のタイミングで異動となりそうです。
具体的に細かいことは今ここでは書けません。
ただ、会社も そして仕事も…今とは大きく異なるようです。
正直突然の話ですし、寝耳に水って感じなのですが、悪い話ではなさそうなのでちょっと楽しみでもあります。
懸念することがないわけではありません。
でも、それは些細なこと。
夏休みを当初計画どおり取れるだろうか とか
仕事が日々遅くなって週末しか子供達の顔を見れなくなるのではないか とか。
仕事に対する不安は無いといえば嘘になりますが、これまでいろんな経験をしてきたからか何とでもなるような気が今はしています。

まだ不確定なことが多いので何とも言えませんが、ひょっとするとFFログインの頻度は落ちるかもしれません。
逆にリアルから逃避したくなって深夜に今まで以上に出没するかもしれません(爆)
いずれにせよ私を取り巻く環境は大きく変わろうとしています。


そんな気持ちの昨夜22時過ぎ、獣LSによる神30BCへの挑戦に参加してきました。
あ、でも、クローソーオーブを掲げて戦う 『蜘蛛の神 - Come Into My Parlor』 という ヤツで、獣PTには簡単且つ安全なBCなんです^^

全体の流れを大まかに説明しますと…
① サークルの中に入るとAnansiという毒々しいボス蜘蛛が広間中心に待ち構えています。
② 獣部隊は全員ペット(できればキャリー、なければキノコ)を呼び出します。
③ 全員で一斉にペットをぶつけます。
④ 基本的に見ているだけでもボス蜘蛛は倒れるのですが、殴りたい場合には毒とシックルに
  警戒が必要です。
⑤ ボスを倒すと同時に「かえれ」で呼び出したペットを還します。
  (ただし、レベル70に満たない獣さんが混じっている際にはその方はペットを帰しません)
⑥ すると…ボス蜘蛛の死骸からSon of Anansiという子蜘蛛が数秒おきに計8体出てきます。
  可愛いけど凶悪です!
⑥ ペットのいない獣が我先にと子蜘蛛を操ります。
⑦ あとはウサギBCと同様の要領で子蜘蛛同士を共食いさせます。
⑧ ペットにした蜘蛛だらけになった場合には、残りHPの多いものから野生に還し、
  残ったメンバー&ペットで袋叩きにします。
⑨ 最後の1匹になった頃には敵のHPも1桁%なので、みんなでボコボコ。
⑩ 宝箱出現です!!

とまぁこんな感じなのですが、ダイスを振り、私の順番は2番目になりました。
どうもこの中途半端な順番は嫌な予感がしたのですが…はうぅ(((;-д- )=3

予感は当たるもので7人やって大当たりが4人かな?中当たり・小当たりが1名ずつ。
で…大ハズレのクズが1名…
えぇ、私ですとも ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

でも、信じられますか?ダマスク系の戦利品が4人連続で出たり、高価なロープまで同時に出たりしている中、タルロープ(1桁万ギル)+小物…
全部売っても10万にもなりません。

みんなが「おめでとー!」「おぉ~」と言い合う中で
「o(`ω´*)o」とか「(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻」とか「(;つД`) 」とかのログでしか気持ちを表せませんでした…
(まぁ、あくまで表現は冗談の範囲ですよ!?w)
[PR]
by galforce | 2006-06-21 14:48 | FFXI : イベント
すみません、ちょっと飼い犬と格闘ばかりしていてブログの更新が止まってしまいました。
今、私の右手は噛まれた痕や引っかかれた痕などで痛々しいです。
なのにクールビズだからと半袖シャツで過ごしているので…ヽ(;´Д`)ノ


さて、先週ですが大きなイベントは2つでした。
1つが獣LSの仲間達計4名で挑戦した千骸谷のENM『風と共に - Like the Wind』です。
かなーり前からアットワの丘に登り、トリガーとなる防毒マスクは手に入れていました。
でも…ENMに行くチャンスに恵まれなかったのでずーっとほったらかしになってたんです;;
ま、愚痴はその辺にして…
このENMはバトルフィールドに入って進んでいくと可愛いエフトが1匹います。
ただそれを倒せばいいだけ――なんですが、このエフト君は高速で移動します!
「シャアか!?」と思うくらいw 『Race Runner』の名はダテじゃありません。
目の前に来た!と思った次の瞬間には背後を取られますからね…

で、作戦ですが獣4人でキャリーさんを呼び出してぶつけます。
あとは本体の4人は敵から逃げ回るだけw

でもね、逃げるのも難しいんですよ。
自分はヘイト低かったから敵に狙われずに済みましたが、このエフト君は速いだけじゃなくて攻撃力も高く、おまけに状態異常(毒だったかな?)の特殊攻撃も!
対峙中、私は懸命に逃げ惑う仲間達に回復呪文をかけてました。

で、ようやく倒した~~~!と思ったら宝箱が出現しました。
『お…何が出てくるかな…』
ドキドキワクワク楽しみにしていると―――
経験値1500 & 青漆 … 以上!   (ω・ )ゝ え?なんだって?
みんな、あまりのハズレぶりに愕然 Σ(゚д゚lll)ガーン
初めての自分にはそのショックはよくわかりませんでしたが、記念にその「青漆」を頂いて帰りました。
ちなみにこの「青漆」、競売で3000g…おまけに出品しても全然はけません。


続いてもう1つの大きなイベントは…
標題に書いてるからバレバレですが、土曜の夜にケダモノ王主催の「プロミヴォン-ヴァズ」に挑戦してきました。
これまでなかなか大きな流れに乗れず、ミッションが進んでいなかった自分にはまたとない好機!
約束の時間に少し間に合いませんでしたが、何とか滑り込んでスタートです!^^

メンバーは総勢フルアラを超えるほど!
お手伝いを申し出てくれたちゃこさんにはメンバー多すぎにつき結局現地でお別れをする羽目に。(申し訳ない…)
でも、感じました。
フルアラだったからこそ勝ち進めましたが、これが1PTでは絶対途中で全滅していた…と。
これまで行ったプロミヴォンとは異なり、回避不能な敵の配置。
おまけに各層でボスキャラを倒さねばなりません。
特にえげつなかったのがメアのボス。
前衛後衛の距離を保てなかったのもありますが、フルアラだったにも拘らず危うく全滅の危機でした。
(当然、私は回転木馬で吹き飛ばされて…死にました)

そんな苦境を乗り越えて何とかボス前まで到着。
a0024487_10555829.jpg

戦い自体は私の所属したPTがほぼサニープレイスLSの気心知れた仲間だったことや、ケダモノ王の的確な作戦指示、おまけに写真に写っている忍者夫婦2人の息が合ったターゲット固定のおかげでピンチもなく討伐完了^^

ただ…この間に実はリアル世界で次男が急な発熱で大泣きするなどバタバタしていたため、勝利直後に緊急ログアウト。
一緒に行軍したメンバーにちゃんとお礼も言えませんでした。
今さらながらですが、主催してくれたケダモノ王さん、一緒に戦ってくれたサニPの仲間達、わざわざ駆けつけてくれたちゃこ君、参加できないまでも…と薬品を分けてくれたチェケさん、その他多くの仲間達に本当に感謝しています。ありがとう^^
[PR]
by galforce | 2006-06-19 11:04 | FFXI : イベント
先週末は風邪のひき始めだったことと、日々の疲労を感じていたことからさっさと寝てしまいました。
ワールドカップが始まったようですが、未だにライブでは見ていませんw


さて、そんな自分が先週末の金曜日に新たなチャレンジをしてきました!
『軍隊蠍の行軍 - Operation Desert Swarm』という通称『サソリBC』です。
獣神印章30枚と引き換えでもらえるラキシスオーブを手に挑むこのBCは黒魔道士PTに人気のBCだと以前耳にしたことがありました。
でも、私は75のジョブは獣だけw
獣だらけでも結構いけるとは聞いていたものの、なかなかチャンスがなく、いつも羨ましく思っていただけでした。

――そんな自分についにチャンスが巡ってきました。
誘ってくれたのは獣LSの先輩であるハルさん。
イフリートの釜でワイバーンと戯れていた獣仲間のトイさんと3人で「行きたい!」と意見が一致し、早速メンバー集めです。
夜の22時を回ったタイミングではなかなかフリーの友人はいません。
そんな中、昔は同じLSに所属していたCさん(忍者)とミニタルズの赤き流星ちゃこさんが協力してくれることに!
+1名はハルさんの尽力によってシーフさんをGETして無事6名PTが成立しました。
(途中、メンバー集めを手伝ってくれたフォショさん、リアル事情が大変にも関わらず一時は協力を申し出てくれたケダモノ王さん どうもありがとうございます。)

PT構成は 忍・獣・獣・獣・シ・赤 + キャリー3匹

作戦は各個撃破を基本に、釣り役のハルさんがBC入口方面でタイマン。
広間へ向かう通路の真ん中でシーフさんがタイマン。
残りの4名は広間の四方に散会して各々サソリと戦いました。

全てが初めての経験だったのでドキドキしましたが、ここのサソリは思ったほどは強くなかったです。
私がタイマンした際の作戦は以下の通りです。

① 食事はジャックのランタン(命中&回避をUPさせたかったので)
② プロシェル以外にブリンク+ストンスキンを唱えてMP&ペットのリキャストを考慮してから突撃。
③ 釣り役さんが仕掛けたらすかさず自分の担当するサソリにキャリーをぶつけ、自分の戦うべき広間左奥へ「もどれ」で誘引。
  (この間に2回攻撃をされる可能性が高く、ブリンクが剥がれます)
④ 戦う場所についたら再びペットをぶつけ、「ほんきだせ」の直後に自分も戦闘態勢に移り、ディアIIを詠唱。
⑤ キャリーと共に殴りつつ、周辺の仲間のHPに気を配って回復…

この様な戦い方で、時折ペットをいたわりつつランページを2度ばかし叩き込むとサソリは倒れました。


完全お手伝いだったちゃこさん以外の全5戦を経験し、手馴れの猛者揃いだったこともあって、自分自身もこのBCでの戦い方をマスターすることが出来たような気がします。

で、気になる戦利品は…
残念ながら、皆が期待した『劇毒サソリの爪』は出ませんでした。
ただ、私だけちょっぴりいいものが…

じゃ~ん!『ダマスクインゴット』おぉぉぉぉぉw

競売で履歴を見たら460万で売買されています。
いや~、その場では価値がわからなかったのですが、当たりを引くとやっぱり嬉しいですね^^


あと、関係ないですが、今朝方気になってガルフでログインしたんです。
実は氷河側から抜けた先のバタリアでログアウトしていたので…

すると、予想通り!?Weeping Willowを発見!
こいつを倒せばLumber Jack様が登場することはわかっていたので、仲間を呼んで…と思ったのですが、朝の7時過ぎにぷらぷらしている友人が居るはずもなく…
ソロでペットとフェローを呼び出して挑戦してみました!!

結果、出勤時間になった時点で相手のHPが半分を少し割り込んだところ。
このままでは遅刻してしまうと判断したため、ペットに盾を務めてもらっている間にログアウトしました。
あ~ぁ、もったいない(>_<)
[PR]
by galforce | 2006-06-12 11:58 | FFXI : イベント
今週後半から関東でも梅雨入りだそうですね…
その梅雨を前にして昨夜、悲しい知らせが舞い込んできました。

大学生時代の恩師の死…

私事ですが、これまで自分はちょっと変わった進路を歩んできました。
高校時代、理系を志望するも受験前に物理や数学に嫌気が差し、文転して某大学法学部へ進学。
入学してから「やっぱり自分に法律の勉強は合わない」と思ってみたところで後の祭り。
在学中、将来の自分の目指す夢について真面目に考えた末に行き着いた答えが民間航空機のパイロット。
その夢の実現に向けて語学力を高めるべく英会話サークルに入るも、事前のチェックが甘く潰れる直前のESSに誤って入部。
大学3年の頃にはそんなESSの再興に注力する傍らで1・2年生の体育で水泳の授業のコーチを務め、
ゼミ活動を始めるにあたっては何故かマスコミ系のゼミに…
でも、そこで出会った人々との交流が自分を磨き、知らぬ間に(一時的に?)能力を高めることができた気がします。
その後、就職活動の時期にはメインの航空業界で惜しいところで墜落…
なりたい夢を失い、無差別360度乱れ撃ちの如く、金融・マスコミ・総合商社・保険・ゲーム・プログラマー・音楽・メーカー・情報通信等々へ突撃!
――結局、今働いている情報通信業界へ駒を進めました。

この度お亡くなりになられたのは、そんな自分が学生時代に最も気合を入れて学んだゼミ時代の恩師。
こんな自分を褒めてくれた数少ない先生でした。
ふと思い返すと先生の発した言葉が時空を超えて蘇ってくるような…そんな不思議な感覚になります。
あれから10年…時間は確実に流れているんですね…

明日はお通夜。
せめて現地に早めに出向き、お手伝いができればと思っています。


さて、先週末は盛りだくさんでした。
え?何がって? FFですよw

項目だけ整理しますと…
・金曜夜 デュナミス-ジュノ攻略 一度憤死も無事勝利^^
・土曜夜 プロミヴォン-デム攻略 バドついにルフェーゼへ!
・日曜夜 礼拝の意味攻略 死を乗り越えて獣ガルフ活躍!

正直、一つ一つ書いていると長くなるのでコメントだけ以下に記します。

まず、金曜の裏ジュノ。
若干参加者が少なかったために回復力の乏しい中衛として進軍。
こういう場合、やっぱサポは忍よりも白がいいかもと感じました。
同じ獣ジョブなのに回復支援してくれたアルさんに感謝です^^
あ、レイズくれた奥さんのフォショさんにも感謝してますよ。
レイズ1でもありがたかったですw

次いで土曜のデム攻略。
企画・統率してくれたブタ君に感謝です!
デムの前のメアENMでは散々な目に遭ったけど、メインのデムでミッションクリアでき、最高でした!
やっぱピースメーカーのメンバーは揃うと強いね^^
今後はエル♀のミッションクリアに向け、協力しますよん。

最後に昨夜の礼拝の意味。
ぶっちゃけメンバーが少なくて不安でした…
でも、企画&お手伝いを召集してくれたちゃこさんをはじめ、ミニタルズ精鋭の皆さんの協力に感謝です!
いつもはお荷物?な獣の自分が珍しく活躍できた――そんな夜でした。
① ゲイザーに絡まれた人を助ける 計4回w
② タウルスに絡まれた仲間を救うべくキャリー出動 → 最大のピンチを救えた?
③ ボスのオバケ戦、ペットのキノコ&キャリーが健闘し、無事退治^^
ぶっちゃけ最後の自分の死は想定外でしたが、おかげ様で先に進めることができました。ありがとう^^

だけど…
何より感謝しなければならないのは、妻の理解と協力です。
今週はログインは控えつつ、そんな妻へのいたわり週間にしようかなって思っています^^
[PR]
by galforce | 2006-06-05 11:54 | FFXI : イベント

ありがとう…

昨夜、連日の疲れからか早い時間に眠くなってしまいました。
たまたま仕事も早く上がれたので家族と共に夕食を摂り、風呂に入れて息子達と就寝…
――とそこにミニタルズのちゃこさんから携帯メールがΣ(゚Д゚;
何かと思ったら「礼拝の意味に今からいくよ」とのこと。
まだ息子は寝ていない…でも、行きたい…
妻に拝み倒してFFログイン(爆)
『さぁ、急いで用意せねば!』
と気合を入れた次の瞬間…イベント中止のお知らせが lol

速攻でログアウトして何もなかったように寝室に戻ってみるも無言で負のオーラを発する妻…
居たたまれなくなって再びパソコンを置いている部屋に戻ってログインです(;´ρ`)


一通り友人たちに挨拶し、誰か暇そうな人はいないかと探すも皆忙しそう…
やむなく先日つるはしを忘れて失敗したフェロークエスト「天光」を進めるべくシャクラミへ。
Raka様(フェロー)を呼び出して一緒に掘り、だいじなもの「霞のきらら」を入手した後、以前途中で終わっていたウィンダスのクエスト「プルゴノルゴ島の戦い」を終えようとアットワへ向かいました。

そこで運命の出会いが待っていようとはつゆ知らず…
[PR]
by galforce | 2006-06-01 11:32 | FFXI : イベント
こんにちは、ガルフです。
皆さんはこの週末いかがお過ごしでしたか?

私は金曜にデュナミス-ザルカバードに挑戦し、土曜の夜はプロマシアミッション
「礼拝堂の意味」に挑戦して、日曜日はリアル都合でログインしませんでした。

はてさて、それぞれの挑戦においてどんなドラマが繰り広げられたのか…
一部ネタバレも含むかもしれませんので、折り返して綴ってみたいと思います。

それでは、デュナミス-ザルカバードから振り返ります...
[PR]
by galforce | 2006-05-29 13:48 | FFXI : イベント