爺鯖所属  キャラ名:Galf  その日、その時感じた思いを書き記していきます。


by galforce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:FFXI : お手伝い( 10 )

私の職場は東京のど真ん中の大手町。
私が働いている最中に巨大な地震が東京を襲う――
そんな怖い夢をみました。
目が覚めると気疲れからかグッタリでしたよ(;´Д`)


さて、昨夜はピースメーカーのエル♀さんを新たな地へ誘うべくプロミヴォン-ホラの攻略に行ってきました。
プロミヴォン3国のうちで最も道中が過酷な「ホラ」。
7人構成の自分達でも一歩間違えると死んでしまいます…
その反動からかボスは比較的楽な気がしますが、油断は禁物。
食事・ドリンク・薬品・装備などほぼ完璧装備で臨みました^^

そうそう、背中のマントも買いなおしたんです。
サーセネットケープ 防3 耐闇+5 回避+3 Lv30~ 白黒赤吟召青か
うん、回避率がUPしていい感じ♪


結果的にボス戦は安定して楽勝することができました。
勝因は…

 ① 盾役がローテーションでタゲをきちんと固定してくれたこと
 ② アニマをふんだんに用意していたこと
 ③ ちびっ子爆弾ガルフが本気モードで戦ったことww

これでエル♀さんもようやく2ヶ所クリア。
さぁ!あとはメア1ヵ所を残すのみ…なんですが、ボス戦は最も過酷な気がします(;´Д`)
[PR]
by galforce | 2006-06-08 13:02 | FFXI : お手伝い
3連休×2が終わってしまいましたね。
今朝から自分も普通のシフトで仕事に復帰です。
あ、普通のシフトというのは、先週までは有休の消化も兼ねて引っ越し準備などで半日勤務の日とかあったんです^^;
今朝はこれまでよりも30分近く早めに家を出ました。
新しい家からこれまでと異なるちょっと遠いルートで出勤せねばならなかったので、大事をとって早めに出たんです。
だいぶ朝の空気が肌寒くなりましたね…
そんな中、今にも消え入りそうな音で鳴くツクツクボウシがいました。
蝉の鳴き声を聞くことも殆どなくなりましたし、もうすぐ半袖で過ごせる季節も終わるんですね…


さて、先週末は引っ越しの荷物整理の疲れからFFにはあまりログインしていません。
そんな中でやったことは
 ① NM討伐お手伝い
 ② バドの忍者上げ
 ③ ガルフの調理合成上げ&ベルセルク(倉庫)の木工合成上げ
こんな感じです。

まず①ですが、ある朝のこと低地エルシモにモルボルのNMが沸いたよ!とフレの冷蔵庫君からtellが入りました。
おぉ、そんなの居たんだ!?と少々驚きつつ話を聞くと、どうやらミニタルズのマイラさんがヴィルマリング(指 INT+1 MND+1 CHR+1 25HPをMPに変換 Lv40~ All Jobs)を落とすRose GardenというNMを発見したので、仕事に行く自分に代わって退治を手伝ってあげて欲しいとのことでした。
ガルフ自身はウィンダスでボケーとしていたところだったので、OPテレポを使って駆けつけます。
NMのそばではボーっと佇むマイラさんの向こうにチョコボ掘りをしている高レベルの黒さんが見えました。

 『もしかしたらあの黒さんがチョコボから降りてNMに攻撃を仕掛けてしまうかもしれない…』

そんな不安が胸中をよぎったので、マイラさんに話す前に攻撃権を取るべくキャリーを差し向けました。
すると…思いのほか弱いです。このNM…
キャリーの一撃で300overのダメージを与え、マイラさんの呼んだもう一人の救援者Aさんが到着するのを待たずして撃退完了。
無事、目当てのリングを落としました。
これ…意外と高性能じゃないです!?何だか自分も欲しく…(爆)
えぇ、当然ロット権は放棄してマイラさんにプレゼントしましたともw
少しはれ君の代わりとして役立てたかな?


次に②ですが、バドガールのソロ忍者上げでピースメーカーのブタ君のアドバイスを聞き入れてゲルスパの砦でオークやキノコを相手にレベルアップを狙います。
とはいえ所詮は楽な敵。
おまけに比較的競争があって敵が枯れ気味になるためLv13で始めて未だにLv14の半ばです。
ただドロップアイテムは美味ですね!
レベル上げの最中に炎クリ4D、闇クリ1D貯まりました^^
アイテムが一杯になったところで山頂のボス格オークに突撃&微塵で帰還w
武器のスキル上げは遅々として進まないものの、忍術レベルは着実に上がっています^^


最後に③ですが、調理44だったガルフを少し育ててみました。
レシピはアップルパイ。
サンドの倉庫が店で買えるものは買って宅配し、足りない材料は競売で購入。
当然、上級サポをつけてチャレンジです。

44→46 アップルパイ(トカゲの卵使用) 24回座って失敗なし、HQ1回!^^
46→47 アップルパイ(鳥の卵使用) 12回座って1回失敗、HQなし…

いっぱいできたアップルパイはHQ=1,000G/個、NQ=1,500G/Dで競売出品。
速攻で完売したようですw
材料費がクリ代を除いてNQ1ダースあたり1260Gほど。
クリは過去に蓄えた分を使用したのでタダですが、クリも買っていたら…NQだと赤ですね^^;


次いでタンタカから送ってもらった靭皮紙×2Dを使って初の紙兵作りにチャレンジです。
丁度風曜日だったのでゲンがよさそうな気がして…競売で靭皮紙を追加で1D購入してTRYです。

27→28 紙兵(上級サポつき) 18回座って1回失敗、HQなし…

うん、まぁ1回だけ失敗ならよしとしますか^^;
ようやく28になれたので、昇段試験のハープ作りにチャレンジし、無事にクリア。徒弟を脱出です^^
[PR]
by galforce | 2005-09-26 10:49 | FFXI : お手伝い
あちゃー、やってしまいました。
ヤフオクで狙っていた品物が終了直前で競り合いになってしまい、負けん気出したら想定価格を上回る額で落札。
妻に叱られました(ノ_-)クスン
熱くなってはダメですね(反省)


さて、昨夜はバドガールの金庫拡張クエが発生したのでその必要アイテムを競売で買って…
と思っていたらフレのCさんからお呼びがかかりました。
どうやらCさんの友人がジラートミッションの『流砂洞を越えて』にチャレンジするらしく、その助っ人としてのオファーがあったのです。
久々のオファー。
やりたいことがなかったわけではないですが、困った人がいれば手伝いたくもなるじゃないですか。
――というわけで、ウィン港でCさんと合流し、一路砂漠を走りました。

と・こ・ろ・が…
まとまりがないというか調査不足というか皆が他力本願のところがあったためにふとMAPを開くとみんなバラバラの流砂洞入口にいます…
自分自身も暫くの間は記憶が戻らず、Cさんについていっていただけだったので明後日の方向に向かっていても何も気づかず、『ほー、こんなだったっけか…』などと思っていましたw

暫くしてようやく意見がまとまり、目的の『隠し』と呼ばれる入口を目指そうとしたところでメンバーの一人が蟻に絡まれて死亡…
その後も道中に絡まれる事故があり、かろうじて生き延びて流砂洞に駆け込みました^^;

そして、目的の地『宣託の間』にてBC戦。
ここは無制限のBCと聞き、神BCのつもりで待機中にキャリーを呼び出してバトルフィールドに突入しました。

アレ?? Σ(゚∀゚;)

あろうことかBC内に入るとキャリーが消えています…
リキャストは@4分 orz
止むを得ず、ペットなしで突撃します。
後衛が蟻3匹を寝かし、黒→ナ→狩の順に各個撃破していきます。

終盤、ようやく呼び出せるようになったので、助っ人キャリー様を召喚。
ところが、その直後にメンバーの一人が狩タイプの蟻の必殺技で即死アボーン(´・ェ・`)
ヤマビコを忘れた状態で魔法を封じられ、ただひたすら殴る自分。
サポ白で来たのにいまいち役立てなかったような気がして反省しきりです…

結果的には1人の犠牲のもとに勝利を収め、挑戦者に『おめでとう!』の言葉を残して立ち去りました。


実は…ですよ。
この戦闘中に冒頭に書いたオークションの終了時刻が迫り、戦闘をしながら入札――などということをしていたために通常では競り合わない領域まで追いかけて…落札してしまったわけですorz
『~しながら』はやはり自分には向いていないなぁと痛感した一日でした(;´ρ`)
[PR]
by galforce | 2005-09-20 12:54 | FFXI : お手伝い
昨日、リアルでちょっとグッタリするような出来事がありました。
でも、済んでしまったことを引きずっていてもしょうがないので、LS仲間の企画するイベントに協力することで、マイナス方向に落ちていってしまいそうな自分の気持ちを食い留められないかな・・・なんて思いつつのヴァナイン。

でも、ダメでした・・・
あることがきっかけで何もかもが嫌になってしまったんです。
多分、他の人にとっては取るに足りないささやかなこと。
でも、昨日の自分にはものすごいショックな出来事があって・・・
あれです、茫然自失ってやつですね。
楽しいはずのゲームなのに、余計にストレスを溜めちゃって
イベント自体は成功してみんな嬉しそうだったのに、一人だけ・・・すごくモヤモヤしたまま
不安定な気持ちのまま眠りに就きました。

昨夜は仲のよい友人にtellで話しかけられてもつっけんどんな返事をしてしまったり。
あぁ、昨日の自分、イヤだな・・・(ノ Д`)

p.s.今日はその反動もあり、インする気になれません。。。
[PR]
by galforce | 2005-08-18 09:42 | FFXI : お手伝い
ついにチェルさんからミュージックバトンが手渡されました!((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
自宅でいろいろPC内調べてきて今日書く予定でしたが・・・
ごめんなさい、明日書きます orz


気を取り直して?昨日を振り返ります。
(SSは後日up予定です)


――― Today's Mission ―――

ケダモノ王様のWSNM(片手斧)討伐


お空でLv75に戻してから2,000ちょっと経験を稼いだ頃に獣王様からtellがありました。

 ケダモノ王「WSNMって何人ぐらいで倒せたかな?」
 ガル「自分の時には確か獣3、モンク1、白1くらいだったかと…」

そんな会話をしつつ、ふと前日ポツリとケダモノ王様がこぼした言葉を思い出しました。

 ケダモノ王「WSNMにソロで何度も挑戦しているんだけどさー、なかなか勝てなくてね^^;」

それはそうでしょう・・・Lv73~75の自分たちが5人で行った際にも死人が出るほどの激戦。
それをソロでというのはさすがに・・・

 ガル「今日、これから退治に行くの?」
 ケダモノ王「うん、行ければ行きたいと思ってね。」

うぉぉぉ、これは行かずにおられません。
速攻で協力を約束し、ジュノに戻って準備をしつつ、時間も夜遅くなってきていたのでサクッと終わらすべくフレにも協力を仰ぎました。
23時半を回っているにもかかわらず、バリスタのプロ(シ)とトイさん(獣)が協力を快諾してくれて、サニPの面々も合流して結局9人で行くことに!

ウガレピで道を知らないもの同士どんどん先に進んでみたら、実は全然場所が違って(ノ ゚Д゚)ノってこともありましたが、一度急所突きでトイさんが瀕死になった以外は特に事故もなく目的の地へ。

・・・とここで他の志を同じくする冒険者たちと遭遇しました。
sayで話してみると向こうは7人PT。
こちらが9人だったので若干再編成して合流し、総勢16人で球根NMをタコ殴りですw

戦闘途中で魔法に反応した壷が2体絡んできたりもしましたが、これだけの人数を前にしては相手になるはずもなく、NMもろとも瞬殺・轟沈^^

ケダモノ王様がデジメーションを覚えるところまで見届けたかったのですが、隣の部屋で寝相の悪い息子が転がって家具に頭をぶつけたらしく泣き出してしまい、緊急ログアウト。

最後はバタバタになっちゃったけど、ケダモノ王様おめでとう!!ヽ(〃▽〃 )ノ


p.s.息子を落ち着かせた後、ほんの少しだけ・・・と再びウガレピに潜り、何度目かわからないくらいのチャレンジでようやく箱を見つけることができ、寺院の地図をGETです^^
[PR]
by galforce | 2005-07-12 11:02 | FFXI : お手伝い

宝箱を求めて… 古墳編

昨夜はピースメーカーのアシュラが苦労しているAFの箱探しをお手伝いする日。
生真面目で遠慮がちのアシュラは『他に予定があるならそちらを優先していただいても…』なんて言ってたけど、古墳のスイッチ扉は一人では如何ともし難いだろうし、今日は手伝うんだって決めていたので他の用事はお断りしました。
(冷蔵庫君、連日の経験値稼ぎに誘ってくれたのにごめんよぉ~(;つД`) )

ジュノでアシュラ(赤)・ジャッキー(白:中身はタンタカタン)と落ち合い、箱の見つかり具合に大きく左右される計画ですが、オズトロヤ・古墳・要塞の箱探しツアーに出発…と思いきや、自分がインするちょっと前にオズトロヤは箱開け完了したとのこと。
う~ん、さすがですw

ならばと古墳のコッファー探しに出かけました。
実は、前にもどこかの日記で書いたのですが、これまでスイッチ操作は必ず自分以外の誰かがやってくれていたので、この日初めてスイッチのある場所を知ったガルフ74歳です(;´д`)ゞ

ネット上から宝箱の配置MAPを印刷しておいたので、だいたいどこにPOPするかは検討つくのですが…
古墳の宝箱ってえらい広範囲に沸くんですねι(´Д`υ)
中には氷河側から回ってこないといけない場所もあったりと苦労しそうな予感―――

そして、その予感は的中で、バタリア南から入った1枚目のMAP、各々落ちた先の2枚目のMAPにも箱はありません…
もしかして氷河側!?―――そんな憶測が飛び交う中、意を決して氷河突破ルートへも挑戦することに。
(ふと、先日のエルモスケ君のパピ取りを思い出したりw)

道中、闇曜日だったので闇エレをしばきつつ進むことにしたのですが、この闇エレって曲者でサーチに引っかかってもえらく遠くて行きづらい端っこ~の方に沸くんですよね^^;
結局1体しか狩れず、ロットも100台で大敗(+。+)アチャー。

暫くして氷河を抜け、バタリアに到着し、早速古墳に入ってみましたが…
残念~~~~~~!!! ここにもありませんでした。

もう見つからないのかなぁ…と士気は下がりつつも、もう一度だけ最初にもぐったMAPを捜索することに。

えぇ、自分はもうすっかりスイッチ係ですw

他にも箱探ししている人がいる様子なので、スピードの勝負になる気がしました。
でも、ちょっぴり助かった?のは相手の方はどうやらソロということ。
ソロでは行動範囲が限られてしまうので私たちの方が若干有利かもしれません。

そして、程なくしてジャッキーから箱発見の報が!!!━━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━━!!
『アシュラおめでとう~~~ヽ(;´Д`)ノ ランタ タンタン♪ 』

こうして数時間に渡る箱探しの旅(古墳編)は無事、成功裏に終えることができました^^

このまま勢いで要塞も…とも思ったのですが、あそこは3人では扉を開けること適いません。
この日はここまでとし、解散→ログアウトしました。

実は…
[PR]
by galforce | 2005-06-15 09:56 | FFXI : お手伝い

プ○ちょん ボケ最高w

昨晩も空は混み混み。
仕方なく火エレのエリアで大人しく鳥>鳥や鳥>壷で狩っていたのですが、PMのLS仲間であるプ○ちょんからの切実なお願いがあり、可哀想なので下界に下りました。

その切実なお願いとは…
[PR]
by galforce | 2005-05-11 11:19 | FFXI : お手伝い

(*'-')

もうすぐGW。
皆さんはどう過ごされますか?
自分は国内なら石垣島、国外なら近場でグアム・サイパンあたりにでも行こうかと妻と話していました。
――まぁ、夢物語で終わってしまいましたが(;´∀`)

今年の連休は家でおとなしくしています。
とはいえ、元気盛りのもうすぐ2歳になる息子のためにも近場の公園くらいは遊びに出ようかな(´―`)

FFは昨日の晩は…コンシュで羊退治などしてました。
本当はLSメンバーのセルビナまでの護衛が主な任務だったわけですがw
それにしても、レベル上げばかりで気づかないうちに自分が強くなっていたことに改めて気づかされました。
だって大羊のNM「Rampaging Ram」が4回攻撃したら倒せちゃうんですよ…
「Stray Mary」も湧いていたのですが、鈍足の自分には到底間に合いませんでした^^;

どうやら昨晩のVerUPで高レベルのレベル上げ必要経験値にも修正が入ったみたいですね。
家に帰ったらまずはVerUPして、レベル上げ再開してみようかな…
あ、でも、今日は高レベルの皆さんが大挙してレベル上げに向かう予感も。
ここは裏をかいてクエストやBC戦ってのもいいかもですね。

いずれにせよ家族が無事寝付いてくれたら…ですが (。・x・)ゝ
[PR]
by galforce | 2005-04-21 12:04 | FFXI : お手伝い

受け継がれるもの

昨晩、天空の章が幕を開ける予定でしたが、レベル70になった獣フレのReizoukoさんから
「ねね、イフリートの釜について聞いてもいいかな?」
ってtellが届いたんです。
ジュノで競売を眺めながら暫くtellで話していたんですが『百聞は一見に如かず』って諺もあるじゃないですか。
だったら行って実際にボム発破を実演しつつ説明した方が早いと気づいたんです。
で、空行きはまたのお楽しみとし、別れを告げたはずのイフ釜に舞い戻りました。
(あ、そうそう。ここ見てないでしょうけど、テレポで送ってくれたフレのTottoさん本当にありがとう。助かったよ~^^)

イフ釜の攻略方法については、エイチさんのアーカイブにすごく助けられた部分があったのですが、そこに自分のオリジナリティーをちょぴっと加えたものを後に続く獣仲間に伝承していこうと思ったんです。
(今さらながら、エイチさん あなたは偉大ですw)

ちょっと前まで右も左もわからなかった自分が、今ではイフ釜を自由に行き来できるように…
チキンの私が短時間でよくここまで学習したと自分を褒めたくなります^^
おまけに…
きちんと振り返ってみたらイフ釜でのレベル上げ中、プリけつになったのって合計2回だったんです!
これってなかなかの好成績ですよね?^^

で、一通り伝えたところでReizoukoさんは
「ソロでちょっと頑張ってみる!ありがとう!!」
ってことだったので、自分も笑顔で笑い返し、その場で別れを告げてテレポメア。

東サルタ北の外ホルトトに寄り道してBomb Kingと戯れ、西サルタの外ホルトトでコイン10のカード入手を試みるもどちらもハズレでドロップは何もありませんでした。
あ、Bomb Kingはボムの灰をくれたっけ(爆)

ちょっとお恥ずかしい話
[PR]
by galforce | 2005-04-13 11:22 | FFXI : お手伝い
今朝、妻が病院に行きたいと言い出しました。
どこかからだの具合が悪いのかと思いましたがそうではなく、2人目が欲しいけど体質的にできにくい…との理由で不妊治療です。
男性の自分にはその辛さってあまりわかっていないのですが…2人目欲しいって言ったことが大きなプレッシャーになってしまっているのかな…(⊃д⊂)

そんなわけで、写真の息子を今朝は私が保育園まで送り届けました。
駅の中に併設された私設保育園なのですが、電車が大好きな息子は通勤電車が駅に止まるたびに「あ!あ!」と大騒ぎですw
抱っこしようとしても首を横に振り、自分で階段を歩くんだと言って聞きません。
通勤時間帯の怒涛の人ごみの中、息子をかばうようにして息子のペースで一歩一歩階段を上りました。
保育園につくと、上着が暑かったのか脱がせてくれとからだで意思表示。
上着を脱がせ、先生が近づいてきて「涼ちゃん、おはよう!」と抱きかかえた時、事件は起こりました―――

それまで、ご機嫌だった息子が急に号泣して自分に手を差し出して懸命に離れまいとしているのです。
『まだ1歳でしかない息子に可哀想な思いをさせているんだな…』と思うと何だか切なくなりました。
そして…大きな声で息子はこう叫びました。

「ママ――!!! ママ――!!!」と…

あの…うちはママ二人ですか…?


さて、昨晩からちょっとレベル上げを一休みして友人のミッションのお手伝いです。
お題は「忘れられた鉱山にて」。
ウィン人の自分には全く馴染みのないミッションです。
グスゲンの奥の池でのNM戦がメインのミッションなのですが、そこはサイレンと共に幽霊のNMも現れる不気味な場所。
友人が野うさぎの肉を捧げ、いざ戦闘開始!
呼び出した運び屋キャリー君に突撃命令を下すと…
自分が殴り始める前に瞬殺しちゃいました(爆)

「こ、これで終わり…!?」
拍子抜けする2人。

とりあえず、この日のミッションはあっという間に終わってしまいましたが、帰り道に大羊を見たことがないというので獣の得意な広域サーチで見つけ出し、その大きさ・手に伝わる振動を堪能してもらいましたw

今日はジュノを発ち、デルクフの塔に登る予定です。
はてさて、方向音痴の自分に上手くナビゲートできるのでしょうか?w
[PR]
by galforce | 2005-02-09 10:37 | FFXI : お手伝い