爺鯖所属  キャラ名:Galf  その日、その時感じた思いを書き記していきます。


by galforce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:FFXI : フェロー( 1 )

ここ最近、仕事で帰りが遅い日が続いています。
残業代は稼げる一方で 明らかに妻が疲れきっていますね…
今日は水曜日。
早く帰れる日なので子供達の面倒含めてサポートするつもりです^^

リアルがこんな状況なのでFFもまともな活動ができていません。
とりあえず、素材や鍵や食べ物、武器などゴチャついていた収納物の整理をしていました。
倉庫キャラになったりメインに戻ったり、別の倉庫になったり…
せっかく話しかけてくれていた友人達には申し訳ないなと思いつつも疲労と大雨でグッタリしていたんです(;´ρ`)

『お、これらは競売に出品できるな』
そう思い、ウィンダス森の区を競売に向かって走っていくと水辺にふと見慣れない禿げヒュムNPCが。
話しかけてみると…ほぅほぅこれがあのペコーさんの話していた山猫(まうんてんにゃんこ?)クエの始まりだったんですね。
何だか大事なものを渡されましたよ。
見てみると各区の座標が記されている。
『なるほど…この座標にいるNPC一人ひとりに話しかければいいのか。』
と頭では理解したものの数が多いですorz
どうやら追加ディスクに関連しているようですが、元気が不足していた自分には荷が重かったので後回しw

結局、昨夜は十八番のトライマライ水路に降り、サソリ退治でバイキングアクスを狙いつつフェローを育てることにしました。
結果、斧はドロップなし。
甲殻や爪などの素材をカバンにいっぱい詰め込んで就寝しました^^;

p.s.事務連絡!?
 ガルカのGさんの取り計らいで恒例の護衛ツアーに参加できるかもでしたが、
 案の定帰宅が遅れて無理でした。
 tellでDさんへの連絡を試みようとしたのですがサーチで引っかかりませんでした(;つД`)
[PR]
by galforce | 2006-04-12 11:03 | FFXI : フェロー