爺鯖所属  キャラ名:Galf  その日、その時感じた思いを書き記していきます。


by galforce
カレンダー

<   2005年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

昨日のBlog、数多くの皆さんにコメントをいただけて・・・
中の人はすごく嬉しかったですし、生まれるまで支えていかねばと身の引き締まる思いがしました。
本当にありがとうございます^^


さて、昨日は甘えん坊の息子を寝かしつけるのに苦労を強いられ、気がつくと時計は23時半を指していました…orz
ちょこっとだけでも何かしようとヴァナイン。

前日、護衛を受けて志半ばで眠ってしまったことを思い出し、友人を誘って巣に行こうと計画したのですが、さすがにこの時間になるとヒマしている人がなかなか居ません(/。;)グシグシ
ジュノにいる友人は席を外していたり、お風呂だったり…

えーい、ならソロでいいさっ!p(>o<)q   というわけで、久々のソロ護衛に出発です。


巣に向かう途中、サーチをかけるも護衛待ちはいない様子。
どうあがいてもソロで行けって雰囲気ですw

巣に到着し、強化魔法一通りとリレイズをかけ、回復してから中に踏み込むと…
早速イベントスタート!
ふむ、どうやら水曜日って中途半端な曜日だと混まないっぽいです^^
a0024487_11182688.jpg

いつもながらにNPCに話しかけ次第、ダッシュでサソリ4匹の湧く部屋に走ります(図中①)。
NPCは若干鈍足なので、その間にキャリー&ガルフ連合軍でサソリ討伐です。
(o ̄∇ ̄)=◯)`ν゜)・;'

1匹倒した頃にNPC到着。
少し立ち止まらせて、その間に残りを殲滅させます。

あと少しというところで戦闘はキャリーに任せてNPCと共に先へ移動します。
(先だって事故死したドーナツ広場方面でないことを願いつつ…)

すると向かった先は道中に球根がたくさんいるS芋の広間方面(図中②)。
(おぉ、このルートは初めてだ―――中の人、結構ドキドキw)
NPCと併走している間にキャリーさんも追いついたので、ちょっと立ち止まらせて道中のサソリを退治し、奥の3匹固まっているS芋にたたかえ!
その間にNPCを動かして先に進みます。
(戦闘は全てキャリーさんにお任せw)

Uターンして中央の間に戻り、すぐ横の入り口へ入ってトカゲ広場方面へ。
(【やったー!!】 ドーナツ部屋方面でなくてかなりホッとしています^^)

ここで2枚目のマップに突入します。
a0024487_11153586.jpg

1枚目と2枚目のマップの境には芋虫がいっぱいいますが、ノンアクティブなので問題なし…
ん? ん――!?
な、何か糸を吐く音や頭突きする音が… Σ(゚д゚lll)
どうやらS芋と戦っていたキャリーさんが2匹倒したところでもう1匹を無視して戻ってきた様子。
そのため、道中にいた芋虫たちをぜ―――んぶリンクさせて引っ張ってきちゃったΣ(`_´;)

とりあえず、落ち着いてS芋だけを倒し、ここでキャリーさんはお役御免(かえれ)。
その瞬間に残されたW芋たちは、Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) ナニココ!?状態w

あとは強敵らしい敵はいないので、基本は敵の少し手前でNPCを待機させ、1匹【あやつる】→【たたかえ】で同士討ちさせた後、【もどれ】で同族をリンクさせて離れたところへ連れて行って【かえれ】――これの繰り返しです。
S芋、トカゲ、蜂、キノコと全ての敵に同じ戦法が通用するのですんごく楽w

こうして無事にゴールへとたどり着き、正味20分弱で護衛のクエストをクリアできました^^

え?ミラテテ様はいくつ出たかって? そんな野暮なことはお聞きなさんな(爆)

地図引用:F&M 白地図本舗 様
[PR]
by galforce | 2005-06-30 11:07 | FFXI : クエスト
えー、ちょっとびっくり&嬉しい発表があります。
産婦人科へ定期健診に行ってきた嫁からメールがありました。

バド「今日性別ってわかりますか?」
医師「上のお子さんは?」
バド「男の子で…す。あ、それって…」
ついてました、立派なものが。

どうやらおなかの中の下の子も♂らしいです(#^.^#)

え?女の子が欲しかったんじゃないかって?
んー、確かに可愛いフリフリのついた服を買ってあげたり、あれこれ名前を考えたりしていましたw
でもね、無事に生まれてくれれば性別は問いません。
一度は流産しかけて死に瀕した命なんですから(lll´Д`)

このままスクスクと育てば11月ごろにまた自分のコピーロボットがでてきそうです。
生活も家計も大変になりますが、それとは比べ物にならないくらい楽しみです^^

で、昨日のFFは…
[PR]
by galforce | 2005-06-29 10:46 | リアル諸々
頂の極みに達するべく、昨夜はお空活動をしました。
―とは言ってもしくろさんやゼロさんのように白虎・青龍・玄武・朱雀など計り知れない強さの敵と刀を交えたわけではなく、ちまちまと鳥や壷、ゴーレムを倒していただけなんですが^^;

久しぶりに訪れた空はちょっぴり新鮮で、いつも戦っていた狩場へ意気揚々と走っていくと…人・ひと・ヒト orz
で、結局はエレゾーンへ流れたわけですが、ここにも人が…

ただ、火エレのエリアは火エレ狩りの黒魔道士さんしかいなかったので、ここに決定!
エレが沸き次第狩ってくれているので、魔法詠唱も気兼ねなくできて最高でした^^
これぞ正に共存共栄!?

しかしながら、経験値自体は74の自分にはかなり微妙で、2時間やって2,000ほど。
75までは@10,000。
このペースで行くと約1週間って感じです。

ただ、7月に入ると…
はてさて、無事75の頂に到達できるのでしょうか(;´ρ`)
[PR]
by galforce | 2005-06-28 11:27 | FFXI : レベル上げ
急報!?
実は今朝、部署異動を告げられました。
7月1日以降、『地獄馬車』と呼ばれる部署の一員になります(;つД`)

うぅ、憂鬱…
というのも、今度行く部署は平気で毎日午前様まで働いています。
つまり…FFなんてやっている余裕なくなります。
いや、違う―――それ以上に可愛い息子に会える時間が減ってしまうことの方が残念です。

おかしな話かもしれませんが、自分は本社系の部署で上を目指して仕事をしたいという気が最近は殆どしません。
むしろ、現場に近い泥臭い仕事をしながらも家族と一緒に過ごせる時間を多く持てたら…
そう思っていますし、妻にもそう漏らしています。

そんな自分にとって今回の話は正に晴天の霹靂。
独創的な仕事というよりも歯車的要素が高い部署へ―――
おまけに遅くまで残って仕事をすることが努力の証であり、美徳とする風土…
はてさて、自分は腐らずに頑張れるのでしょうか…


さて、先週を振り返りますと、

金曜日:デュナミス バストゥーク編
土曜日:空白の一日
日曜日:飛空艇パスを求めて…


では、まずは金曜日から振り返ります。

――― Today's Mission ―――

獣AF2胴を入手するぞ!の日
(デュナミス バストゥーク編)

ミニタルズのタルさんの呼びかけに『!』となった自分。
裏バスは行ったことないし、是非行きたい!
でも…先だってのHNM(妻)とのやりとりがあったので、なかなか表立って参加表明しづらい…
そんな悩みを抱えつつ、家事に勤しんでチャンスを見つけて妻に告白―――

「あ、あのさ… 言いづらいんだけど… 家事頑張るからさ… その、金曜日の夜だけ…」

どうもはっきりしない自分。
なかなか言い出しづらくって(;´д`)ゞ
でも、結局は受け入れてくれた妻に感謝しつつ、裏バスへ参加です。


この日2回目の裏世界。
前回よりも平常心で臨みます。
自分のジョブは獣74/シーフ29。
ちょっとばかしサポ割れしていますが、トレハン効果には差異はないだろうと…w
50名ちょっとの集団の中衛部隊としてアラを組み、裏世界へ飛び込みます。

a0024487_12572293.jpg

激しい戦いを繰り広げる前衛部隊、モンクタイプの百列拳発動によりバタバタ倒れる後方部隊。
その間にあって、比較的順調に釣っては倒しを繰り返す我ら中衛部隊。

a0024487_1257445.jpg

途中、何度か混戦はあったものの、概ね順調に討伐していき…
残り時間をかなり残してボスまで撃破。
返す刀で残党を全てなぎ倒し…

a0024487_1258430.jpg

結局この日はナイト、モンク、詩人、黒など様々なジョブのAFが数多く出て『AF祭りだ!』と騒がれる中、獣のAFは1つも出ずに失意のままに裏チャレンジ2回目は幕を閉じました(((;-д- )

獣AF希望者ってものすごく少ないのに…はかなくも夢はまた破れ去りました…

ただ、とても嬉しいことが1つ。
この日、タルさんにお会いできた際に…ついにハクタクの目を合成してもらえました!!
五行眼入手&倉庫に空きスペースがw
近々時間を見つけて…ハクタク戦チャレンジしてみたいなぁ(´―`)


そして、土曜日…

この日は空白の一日。
というのも、自分自身に殆ど記憶がありませんw
お酒飲んでいたわけでもないのに…何故?

とりあえず、妻のキャラをソロで動かしてバタリアで球根と戦っていた記憶がわずかに…(´Д`;)


最後に昨日、日曜日。

――― Today's Mission ―――

サニープレイスの友人と3国魔晶石ツアー!の日
(飛空艇パスを求めて…)

昼間、遅め昼寝をした息子は夜になっても元気百倍!アソパソマソ!!
えぇ、案の定寝てくれません…

ただ、22時過ぎになって突然息子が
「ママ、ママ 抱っこ~。パパ バイバイ~。」
おぉ!? 突如開放されましたw

というわけで、妻に後を託して早速ログイン。
LSリストを見てみると、既に仲間はオズトロヤに到着していましたΣr(‘Д‘n)
「今着いたばかりだし、おいで~」
「うん、おいでおいで~」
そう暖かい声をかけてくれる仲間にホロリ。゚(゚´Д`゚)゚。
取るものもとりあえず、チョコボに乗ってオズ城を目指します。

現地に着くとわざわざ入り口までケロさんが迎えに来てくださり、インスニをもらって速攻で先行組を追いかけました。

a0024487_12583420.jpg

上の写真にあるように、基本は掃討作戦で進みます。
この日同行してくださったのは、ケロさん・コンさん・ウニさんの赤三銃士隊+ミッション希望のフレーベさん(白)・バドの自分(戦士)の計5名。

難関のオズトロヤをクリアーし、その勢いでベドーへ向かってトリガーアイテムも無事入手。
一旦、ジュノに戻って天晶堂で大事なものに換えて貰って再びベドーへ…

しかし、チョコボで向かう道中、ついに息子が隣の部屋で大声を上げて泣き出しました。

ここに至り、これ以上の進行を断念し、リアルの息子寝かしつけに注力すべく皆さんにお別れを告げてログアウト(;つД`)

HNMのご機嫌がかなりヤバめだったので、必死に泣き止ませて寝かしつけます。
赤ん坊の頃やったように腕に抱き上げてゆっくりとあやしながら…
すると、思いのほかすぐにコテンと寝付いてくれました。

まだ0時までは時間がある。
みんな終えちゃったかな…
恐る恐るヴァナディールに戻ってみると、既にベドーは終えてラテーヌ高原を走っている様子でした。

「ただいま…」
「あ、着た~!」
「おかえり~、来る??」

流れるLS会話に何ていうか嬉しくて申し訳なくて…
でも、お言葉に甘えてデムからラテに移送してもらい、チョコボでみんなを追いかけてダボイへ特攻。
無事に魔晶石を入手し、3つとも入手できたフレーベさんに拍手^^

『自分はまた今度、チャンス見つけてベドーへ行こう…』

そう思っていたら、
「時間があるならこのままベドーを終わらせちゃわない?」

うぅ…何て親切な人たちなんだろう。
本当に嬉しくて…それと同時に二度手間になってしまうことを心から申し訳ないと思いつつ、申し出をありがたく受けてベドーも無事にクリアできました。

これで…ようやく3国への移動も比較的容易にできるようになりました。
ありきたりの言葉になってしまいますが、夜遅くまで手伝ってくれた仲間に心より感謝しています。
『ありがとう!!』
[PR]
by galforce | 2005-06-27 09:15 | FFXI : イベント

ブログ仲間との集い

昨日のお昼はブログつながりで知り合ったお二人(ロデムさんあかりんさん)とご一緒したんです!
東京のど真ん中丸の内センタービルの鳥どりにて鳥料理を食しつつ、FFの話題やリアルの話題など昼休みの限られた時間ではありましたが、楽しいひとときを過ごしてきました。

ただ、お二方にはちょっと迷惑をかけてしまって…
まず、前日にどこで食事をしようかと話し合っていた最中にもかかわらず、私の携帯の電池が切れてしまい、こともあろうにそれに気づかずに連絡来ないなぁ~と待っていた自分。
電池切れに気がついたのは日付の変わった当日の午前2時ごろでした(爆)

次に当日の待ち合わせ時間直前になって緊急の会議(社内周知?)で別室に篭らねばならなくなり、本部長様のお話が記憶をたどって思い出されるたびに延々続いてしまい、抜けるに抜け出せない状況下に…
『お昼12時に丸の内OAZOで待ち合わせ』とロデムさんが気を使って調整してくれていたのに…行けませんでした。

結局、このままでは埒が明かないと判断し、携帯に電話がかかってきたフリをして部屋を抜け出して―――ダッシュ!!!

ずびばぜん、20分の遅刻です orz

もう食べ終わっちゃったりしてるのかな~。どうしよう、自分ひとりだけモグモグしてるのって辛いなぁ(;´ρ`) などと考えつつ現地に到着すると、何とお二人は注文すらせずに待っていてくださいました。
ほんと、申し訳なくて挨拶より何よりそっちばかり気になってしまいました^^;

自分とあかりんさんは鳥ひつまぶしを、ロデムさんは焼き鳥丼を食しつつ、あれこれ話をしましたよ~。詳しくは書けませんけどね~w

それにしても、お二方とも気さくで話しやすかったです。
ロデムさんはヴァナ上での髭キャラとイコール?というイメージでこそありませんでしたが、まわりを楽しくさせるオーラを身にまとっている感じでした。
あかりんさんはこの日この瞬間初めてお話しする方で、おまけに女性だったのでさすがのガルフも!?ちょっとどぎまぎしてました。

お二人が同じ鯖だったら架空の世界でも行動を共にできたのにな…などと思いつつ、何だかまだ話もし足りないうちに1時近くなっちゃって皆仕事があるのでお別れしましたが、是非またいろんな話をしたりできたらな~って思いながら…でも、ゆっくり話ができなかった一番の原因は自分なんだってことを恥じながら自分の持ち場へと戻りました。

『次にブロガーズで集まる際にはガルさんにも声をかけるからね。』と言ってくれたロデムさんの一言。
『鯖が違くても問題ないでしょ。」と話してくれたあかりんさんの言葉がすごく嬉しかったです^^

こうしてゲーム内だけじゃなく、リアル世界にも友人の輪が広がっていくのもオンラインゲームならではの醍醐味ですよね!^^
[PR]
by galforce | 2005-06-24 13:35 | リアル諸々

NM狩りの日々?

昨夜は制限時間1時間半と限られた時間の中でのプレイにも関わらず、何をしようか決められぬままにヴァナイン。
すると、自分と同じように何をしようか悩んでいる獣仲間のトイさんを発見(*゚Д゚) ムホムホ

「何しよっか~」
「何しようかねぇ~」

お互いそんなことを言い合いながら、行き着いた結論は 『NM討伐!』

ヴァナ上にはいろんなNMがいますが、どうも人気のないっぽい?ランバージャック様を再び退治しに行くことにしました。
このランバージャック様、バタリア丘陵というジュノに程近いところに居るんですが…
ジュノからすぐには行けないところにいるんですよね^^;
氷河からぐるっと回って抜けた先の端っこの方に沸くんです。
テレポホラ → ラングモント峠 → ボスディン氷河というルートを進むと、それだけでタイムアップの予感。
なので、シャクラミ方面へ向けて出発準備をしていた友人のキタッチョさんをすかさず拉致?してテレポヴァズしてもらいました。(ありがとう、助かったよ~^^)

ザルカバードを抜けて氷河を進むと… む!?
どうや忍者75さんのご一行も目的は同じようです。
サチコメに『旧HNM討伐隊 1号』なんて書かなきゃよかったかななんてちょっぴり後悔しつつも、競り負けは切ないので必死に走りました。
ヴァナ時刻はもうすぐ17時。
ふと、冷蔵庫君の言っていた言葉 「忍者AFは夜になるとマズルカ状態になるんだよ。」 が重くのしかかってきます。

夜を迎える前に、できるだけ最短のルート取りでランバージャックを目指さねば!
自分には忍者さんにはない強みがないわけではなかったので真剣でしたw

強みその① サーチでトリガー大木がどこにPOPしているか情報を遠方からつかめます!
強みその② 釣りの競り合いでは『あやつる』釣りの速度、距離は他のジョブを凌駕します^^

さぁ、ついに氷河を抜けてバタリアです!
[PR]
by galforce | 2005-06-24 10:18 | FFXI : イベント

ツルモッカー?

昨晩はちょこっとだけ遅くまで起きていました。
サッカーを観るためとか、ゲームに夢中になっていたからというわけではありません。
え?0時を超えててヴァナでヌマさんに注意食らっていたじゃないかって?
あう、それは秘密です(爆)

実は古本をオークションで落札して、その本(といっても漫画ですけど)が昨夜届いて、ヴァナにインしながら読みふけっていました。

その本の名は『ツルモク独身寮』。
a0024487_13595556.jpgだいぶ前にスピリッツで連載されていた作品で、知る人ぞ知る名作です^^
テーマを一言で言い表すならば、『泣ける、笑える青春モノ』ですね。
月9ドラマのような青春+恋愛というテーマが美味しくミックスされている楽しい作品です。
自分が学生の頃に知人の別荘に置いてあるのを読み始めたら面白くて止まらなくなって…

以前、一度手放したものだったのですが、嫁にも読ませてあげたいという思いと、何となく久々にまた読みたいという感情が織り交じって―――
送料込み 11巻セットで900円という価格にも惹かれて落札しちゃったわけですw
[PR]
by galforce | 2005-06-23 14:00 | リアル諸々
今朝、関東地方は久々にまとまった雨が降っています。
そんな中、車で息子を保育園に送り、一旦家に戻ってから自分も出社しました。

駅へ向かうバスの中でふと外の景色に目をやると、戸袋の中でガラスにへばりついている
クサカゲロウを見つけました。
皆さんはこのクサカゲロウってどんな昆虫だかご存知ですか?
クサカゲロウは体長3~4cmの美しい羽虫で、昔の人はこのクサカゲロウの卵を見て優曇華(ウドンゲ)の花だと思いこんだくらい小さく可憐な卵を産むことで有名です。
アブラムシを食べてくれるので人間にとっては益虫かもしれませんね^^

ここで、ちょこっとだけ豆知識!?

①成虫の寿命が短く、はかないことの例えにもなる「カゲロウ」(英名:May-Fly ) と、「クサカゲロウ」および「ウスバカゲロウ」は、これっぽっちも関係ないってご存知ですか?
実は、昆虫分類学的な意味なら、トンボとカブトムシくらい離れた昆虫だそうです。
何となく羽の繊細な感じが似ていたとか、イメージから同じ「カゲロウ」という名前がつけられたんでしょうかね。

②クサカゲロウのクサは、綺麗な黄緑色の体から「草(色)」ということで、名付けられたんだろう・・と思っていたら、どうやら「臭い」の意味らしいです。
確かに捕まえてニオイをかいでみると変なニオイがします。
どんなニオイかですって?
んー、是非ご自身でかいでみてくださいw


ま、それはともかくとして…
せっかく生を受けてこの世に降り立ち、長い幼少時代を経て羽化したにも拘らず、バスの戸袋で生涯を終えるかもしれないこの虫を見ていて考えてしまいました。

―――こんなはずじゃなかったんだろうな…
本当はどこかでパートナーを見つけて未来のために子孫を残す。
そのために生まれてきたんじゃないのかなって。

そしてふと、自分は何のために生まれてきたのかなって思い悩んでしまいました。

今、自分には1つの目標があります。
妻と息子と、そしてもうすぐ生まれてくる新たな命のためにマイホームを持つこと。
以前、その苦労?について述べたことはありましたが、なかなかの難題です。
でも、そのために生まれてきたんじゃないはずですよね?
もっと…こう…何か… んー、うまく言えません。

あ、子孫は残せそうですよ。
少子高齢化の歯止めをかけるまでは行かないまでも、2人はなんとかいけそうです。

だけど、今朝何ていうか失望と憤りを感じました。

政府の税調の報告をテレビで見たんですが…
『少子高齢化対策のためにサラリーマンにより重い課税を!』
…ナンデスカソレハ。
扶養手当をなくし、消費税率をupさせることが少子高齢化対策ですか?
日本の未来を考えるならば、子供が生まれた家庭、子供の多い家庭を何らかの形で優遇・支援するような施策を考えねば皆子供を産みたがらないじゃないですか。
年収500万円の家庭で専業主婦の妻に子供が2人の場合、年間20万円ほどの増税。
加えて消費税upによる家計の圧迫…
会社自体も最近は業績が振るわず、人件費の削減に躍起になってきています。

はぁ…こんなんで家は建つんでしょうか。
いや、それ以前に日本はどうなってしまうのでしょう。

計画性のない、場当たり的な政策を繰り返す今の政府の(+会社の)やり方に非常に大きな疑問を感じると共に、憤りを感じます。

こんなことなら想いを行動に表し、民意を少しでも反映させるべくあの時政界に打って出ていればよかったかな…なんて(^^;
[PR]
by galforce | 2005-06-22 10:13 | リアル諸々
昨晩は息子と共にスリプガ…
でも、妻のケアルで起こされてコソコソ?行動を開始しました。
時間は22時。
うん、今日は2時間遊べます!(σ〃▽〃)σ

――― Today's Mission ―――

ミラテテ様で経験値ゲッチュ! バス編

というわけで、早速ジュノからスタート。
先週は忘れてやれなかったクロウラーの巣での護衛クエを終わらそうと旅支度を整えます。
その間にいろんなフレとの会話。
ほほー…やっぱりこの時間では既に皆さんPT組んでいることが多いんですね(;´ρ`)
そんな中、何故かサンドリアにいる冷蔵庫君を発見!
巣の護衛はレベル上げPTの居る時間帯であればソロクリアも難なく可能ですが、やはり確実性を高めたいというか、事故死は避けたいので誰かと一緒に行きたくて声をかけてみました。
(寂しがりやってのもあるかな…(#^.^#) )

すると、「い~よ~」と色よい返事がいただけたので、そそくさとスタート地点である巣の入り口へと向かいます。

道中、ピースメーカーのタンタカタンが飛び入りで参加。
加えて獣仲間のトイさんご一行(計3人)も加わって…ふと気がつくとフルフルの6人PTになっていましたw

ちょっと巣の前がごちゃついていて順番がわからなくなっていたので、リーダーかつ最初に並んでいた自分が整理し、中の方が終わった旨の連絡を受けていざ出発!

ルートはドーナツ部屋ではなく、簡単なトカゲ広場の方でした。

でも、それ以上に冷蔵庫君(獣75)トイさん(獣75)自分(獣74)と3人も獣使いが居ると…
戦闘は起こりません^^;
あやつる → たたかえ → かえれ この3つのコマンドを駆使することで敵を1体も倒すことなく、
びっくりするほどスムーズにゴールまで進み、無事クエストコンプリート^^

トイさんのお仲間に白さんが居たおかげでコロスケ(テレポルテ → コロロカエスケープ)が可能になり、あっという間にミラテテ様までGETです^^

さぁ、恒例の数値勝負!!
[PR]
by galforce | 2005-06-21 09:26 | FFXI : クエスト
週末はblogお休みしてました(;´д`)ゞ
さて、先週末やったことを振り返りますと…

金曜日:2つの道 ~ アットワ de 山登り
土曜日:プロミヴォンENM メアの毒ガス地獄
日曜日:(´・ω・`)/~~


では、まずは金曜日から振り返ります。

――― Today's Mission ―――

プロマシアミッションを少しでも進めよう!の日
(2つの道 ~ アットワ de 山登り)

この日はインしても予定がなく、冷蔵庫君とどこか行こうか~?って話をしていました。
すると、ミニタルズの面々で何やら打ち合わせをしている様子…
パールをつけてLS会話ログを眺めていると、どうやらプロマシアミッションの第3節『2つの道』を進めようとされている様子。
Σ(`∀´ノ)ノ アウッ そういえば自分も進めねばと思いつつ、放置していました。

若干ネタバレになっちゃいますが、このミッションにはサンド編とウィン編があって、それぞれを済ませた後にバスへ報告しに行くというものでした。

まずはサンドから回ることに。
ここは話を進めてギルド桟橋にてNPCと話すとNMモルボルが湧き、これをしばき倒します。
75のモンクで勝てたという情報は聞きましたが、果たして獣ソロでも行けるのか!?
若干不安を抱えていたところへミニタルズのマイラさん(狩)ワイさん(白)が合流することに^^
予め周囲の雑魚でTPを300%まで貯めて、いざモルボルと勝負!!
―――数秒持たずしてモルボル轟沈w
報告を済ませて意外と早くサンド編は終了しましたъ(`ー゜)

次のウィン編。
こちらは散々走り回らされましたね…
えぇ、もうサポシにすればよかったと何度思ったことか(;´Д`)
おまけにこちらのボス戦は結構キツイと聞いていたので気合の入り方が違いました。
(あ、でも夜遅くて本当は眠気との戦いでしたが^^;)
マイラさんが地面をタゲって黒いアリ地獄がガバッと出現!!
どうやらこの敵は出現ポイントから引き離さないとHPを回復させてしまうとのこと。
ペットをぶつけて攻撃させ、タゲを奪ったところで戻しますが、自分たちが待機するところまで
引き寄せる前にスゴスゴと戻ってしまいます。
うーん、これはなかなか面倒だな…と思った矢先、敵はあっけなく倒れましたw

さぁ、だいじなもの:再生の玉を入手して山登りを開始です!
岩場と骨がむき出しの殺伐とした道を進むと、所々に黒々とした瘴気が立ち込めています。
この瘴気が曲者で、暫く待つと消える場所といつまでも吹き出し続ける場所があり、事前にサイトでルートの確認などせず、純粋にこの迷路と知恵比べをしたかった自分たちは、なかなか思うように頂を目指せずにただいたずらに時間ばかりを浪費していました。
その間にも再生の玉の光は弱々しく変化していきます…
どうやら時間制限があるらしく、1時間以内に山頂へたどり着かねばならないとか。
3人で道なき道を彷徨っていても埒があかないので手分けして進むこととしました。

上へ下へと暫く迷っているうちに、自分は地面スレスレの所まで落ちてしまい、もう一度やり直しかと飛び降りた直後に―――何かが閃きました!

『ひょっとして…急がば回れっていうやつ!?』

そう思った自分は残り時間を気にしながらも、上ばかりを目指さずにあえて道中飛び降りたりしながらひたすら左手を壁につけて進んでみました。
すると…何だかルートが見えた気がするじゃないですか!
けれども、玉の光は限りなく弱くなって…
急がなきゃ!! はやる気を抑えきれず、ガシガシと進みました。
すると、ついに山の頂へ―――

━━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━━!!

嬉しくて『キターーー」と叫ぶ自分。
山頂の中心部をタゲってイベントが発生し、無事クリアです^^

その後、残りのお二方を無事山頂まで案内し、大変だった山登りも無事に終え、ウィンに戻ったところで既に4時だったので眠りにつきました(;´д`)ゞ


そして、土曜日。

――― Today's Mission ―――

サニープレイスイベント:プロミヴォン メア
(プロミヴォンENM メアの毒ガス地獄)

何度か行っているプロミヴォン。
この日はミッション班とENM班とに別れてアラを組み、ボスを目指します。
道中はアライアンスの効果+他のPTとの合流もあり、死人も出ずに無事BC前へ到着。
ENMについては参加人数が計10名と中途半端だったため、5名×2に別れての突撃です。

まずは自分たちの班。
正確な構成は覚えていません。
前衛が3名に白黒の5名だったことは覚えています。
ちなみに私は白での参加でした。
開幕後、3方に散った前衛の回復に努めようとするも、ボスの奥に行ってしまった人はケアルが届きません。
届かせようと前に出ると範囲攻撃を食らいます…
そうするうちに毒ガス攻撃を敵が連発し、アニマを使用するも殆ど意味なく前衛3名が死亡…
黒さんも回復補助メインで削りには参加していなかったこともあり、敵のHPはまだまだ豊富。
ここに至り、勝利は不可能と判断してBCから脱出し、レイズ要員を務めました。

次のチームが突入した後、リアルHNM(嫁さん)がものすごい形相で…
というのも、息子が興奮してなかなか寝付いてくれず、HELPを求められたのですが、自分はプロミヴォンの最中で相手をすることもかなわず…
で、結局ぶち切れてしまい、志半ばで強制離脱&ログアウトです(;つД`)

ちなみにもう一方のENM組も全滅し、意気消沈する中迎えたミッション本線は無事勝利したようで…自分はその場にいられませんでしたが、心から『おめでとう』の言葉を贈りたいです^^


最後に昨日の日曜日。

――― Today's Mission ―――

0時には寝ること! ((´・ω・`)/~~)

前日のことがあって、日曜の朝は嫁さんから説教をくらいました。
引退勧告をされたのですが、そこは何とか死守。
ただし、ここ最近の午前2時(遅い日は4時)まで遊んでいるのは一家を支える大黒柱としての自覚がないとの指摘には言葉を返せず、健康維持管理の観点からも0時には寝るように申し渡され、自分自身もその条件を受諾しました(;´Д`)ノ

それはそうと、この日は息子の2歳の誕生日。
私の実家に連れて行き、美味しいケーキを食べたり両親がいっぱい一緒に遊んでくれたおかげで息子は大興奮!
昼寝もせずに遊び続けていたので、夜には不機嫌この上なくなってしまいました。
家に帰ってきた時間も21時過ぎだったので、家事と息子の相手を分担して用事を済ませていきましたが、気がつくと既に23時…
嫁さんが寝た後で1時間だけFFです。

前日、強制終了したままだったので、装備は白のシアー系一式。
このままでは何もできないので倉庫に装備を移送しようとした矢先、タンタカタンからの合成依頼が舞い込みました。
あまり真面目に合成に取り組んでいない自分が役立てるのか正直不安はありましたが、頼まれた『溶解の鏃』はスキル的には問題なさそう。
材料をジュノで預かり計12回、合成のために座ってみました。
結果、10勝2敗…
最後に2連続で失敗したのは痛かったですが、計5Dは作成できたのでまずはよかったです^^
どうやらこの合成は結構な利益も出る様子。
んー、NM討伐やBCで一攫千金を狙うのも面白いですが、合成でコツコツ儲けるのもこれから限られた時間の中でプレイする身にはいいかもと思ったり。

その後、ラスト10分でロランベリー耕地へと旅立ち、蜂と戯れ始めたら時間になっちゃいましたヽ(;´Д`)ノ

いやはや、1時間ではあまりあれこれできませんね。
これから日々何して暮らそうかな…
[PR]
by galforce | 2005-06-20 12:26 | FFXI : ミッション