爺鯖所属  キャラ名:Galf  その日、その時感じた思いを書き記していきます。


by galforce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

宝箱を求めて… 古墳編

昨夜はピースメーカーのアシュラが苦労しているAFの箱探しをお手伝いする日。
生真面目で遠慮がちのアシュラは『他に予定があるならそちらを優先していただいても…』なんて言ってたけど、古墳のスイッチ扉は一人では如何ともし難いだろうし、今日は手伝うんだって決めていたので他の用事はお断りしました。
(冷蔵庫君、連日の経験値稼ぎに誘ってくれたのにごめんよぉ~(;つД`) )

ジュノでアシュラ(赤)・ジャッキー(白:中身はタンタカタン)と落ち合い、箱の見つかり具合に大きく左右される計画ですが、オズトロヤ・古墳・要塞の箱探しツアーに出発…と思いきや、自分がインするちょっと前にオズトロヤは箱開け完了したとのこと。
う~ん、さすがですw

ならばと古墳のコッファー探しに出かけました。
実は、前にもどこかの日記で書いたのですが、これまでスイッチ操作は必ず自分以外の誰かがやってくれていたので、この日初めてスイッチのある場所を知ったガルフ74歳です(;´д`)ゞ

ネット上から宝箱の配置MAPを印刷しておいたので、だいたいどこにPOPするかは検討つくのですが…
古墳の宝箱ってえらい広範囲に沸くんですねι(´Д`υ)
中には氷河側から回ってこないといけない場所もあったりと苦労しそうな予感―――

そして、その予感は的中で、バタリア南から入った1枚目のMAP、各々落ちた先の2枚目のMAPにも箱はありません…
もしかして氷河側!?―――そんな憶測が飛び交う中、意を決して氷河突破ルートへも挑戦することに。
(ふと、先日のエルモスケ君のパピ取りを思い出したりw)

道中、闇曜日だったので闇エレをしばきつつ進むことにしたのですが、この闇エレって曲者でサーチに引っかかってもえらく遠くて行きづらい端っこ~の方に沸くんですよね^^;
結局1体しか狩れず、ロットも100台で大敗(+。+)アチャー。

暫くして氷河を抜け、バタリアに到着し、早速古墳に入ってみましたが…
残念~~~~~~!!! ここにもありませんでした。

もう見つからないのかなぁ…と士気は下がりつつも、もう一度だけ最初にもぐったMAPを捜索することに。

えぇ、自分はもうすっかりスイッチ係ですw

他にも箱探ししている人がいる様子なので、スピードの勝負になる気がしました。
でも、ちょっぴり助かった?のは相手の方はどうやらソロということ。
ソロでは行動範囲が限られてしまうので私たちの方が若干有利かもしれません。

そして、程なくしてジャッキーから箱発見の報が!!!━━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━━!!
『アシュラおめでとう~~~ヽ(;´Д`)ノ ランタ タンタン♪ 』

こうして数時間に渡る箱探しの旅(古墳編)は無事、成功裏に終えることができました^^

このまま勢いで要塞も…とも思ったのですが、あそこは3人では扉を開けること適いません。
この日はここまでとし、解散→ログアウトしました。




氷河側からバタリアに出た先でサーチをかけたところ、Trentに混じってWeeping Willowなる大木を発見!(*゚Д゚) ムホムホ

どんな敵かもわからず、強さ確認をしてみたら『練習相手にもならない』だったので、念のためにキャリーさんを呼び出しつつも、余裕~♪と鼻歌交じりに討伐。
倒した直後、ポコポコ小さな球根が数体POPし、キャリーさんを集中攻撃。
殆どミスばかりですが、わずらわしかったためにキャリーさんと共同で各個撃破していました。

すると…

『何かカブトムシが湧いたよ』とジャッキーの声が聞こえ、
振り返るとそこにはLumber Jack様が!!

調べてみると『計り知れない強さです…』 Σ(`_´;)

ま、まぁキャリーさんいるし、自分も74だから何とかなるでしょ^^ と軽く構えて交戦開始。
着実にダメージを与えるキャリーさん。
自分もランペをバシバシ打ち込みます。

a0024487_9565688.jpg

―――でも、敵のHPは全然減りません Σ(゚д゚lll)ガーン

程なくしてキャリーさん死亡。
タゲが自分に移った矢先、2体目を呼び出してぶつけます。
この時、アシュラは箱探しで古墳の中へ行ったまま。
ジャッキーはそばに居てくれて、ヘイスト・ケアルで支援してくれています。

これ・・・真面目にやばいかも・・・
脳裏に最悪のシナリオを浮かべつつもキャリーは一杯準備していたので長期戦の構えで戦闘を続けます。

ここで、アシュラも参戦。
赤が得意とする弱体・リフレでサポートしてくれました。

と・こ・ろ・が!!
このLumber Jack君、いきなりブラッドウェポン発動してキャリーさんからみるみるHPを吸い取っていきます。
おまけに予備動作の短いストンガIVを連発…
ついには2匹目のキャリーさんも死亡しました。

3匹目をよびだす! ―――リキャスト0:30 Σ(゚Д゚;エーッ!

ここから30秒は生きた心地しませんでした。
アシュラに「大丈夫です?」と聞かれ、「何とかなるでしょ^^」と答えつつも、中の人は
ヽ(ヽ´Д`)ヒイィィィ!!●~*ヒイィィィ!!(´Д`ノ)ノ
って感じでw

でも、回復支援を受けられたおかげで3匹目を呼び出し、皆で協力してようやく轟沈させることができました!!
確か倒した時間は午前0時を回って間もなかったです。
(今日討伐しに行く方は21時過ぎ~0時過ぎにリポップしますので張ってみてください^^)

で、気になるドロッポーですが…

 ・バイルエリクサー
 ・リレイザー
 ・ライトニングマント(背 防7 耐雷+6 Lv53~ 戦モ赤シナ暗獣吟狩侍忍竜)

えぇ、思いっきりハズレでした orz
当ればかなりのお金になったんですがね…(´・ω・`)ショボーン
[PR]
by galforce | 2005-06-15 09:56 | FFXI : お手伝い